2006/2/20

国内でもBahnSim PROが入手可能な件  
こういう手もあります。
ただし、ボクは何も保証しませんので悪しからずです。

ついでで恐縮ですが、fox-hobby-gardenの欧州版情報が更新されてます。収録車輌/収録部品が概ね出揃った様子。

続きを読む
0

2006/2/20

VRM→Nをもっと啓蒙すべきだと思った件  
2月18日のVRMユーザーオフ@名古屋関連で、おそらく他の参加者が書かないであろう話題を1つ。

古いネタだが、昨年の4/10付でこんなエントリを書いている。要するに、VRM4第1号の収録車輌当てゲームの話題なのだが、当時の拙者はJR西日本ライセンス&「車載カメラ」つながりでキハ187が登場すると考えていたみたいである。

で、話はオフ会に戻るのだが。
萬鉄道のWebでも言及されているが、ここの5番線が、この車載カメラに対応しており、萬鉄道オーナー様のご好意で(と言うか、見せたくて仕方がなかったらしい・笑)今回これを体験させていただいた。
走行開始直後こそ、同一ラインに留置されていたはやぶさ氏所有の165系「鷲羽」のせいでノイズが乗るというトラブルに見舞われたが、これが解決して後は、いち早く立候補したなっかん氏がTOMIXサウンドコントローラー前の特等席に運転士として陣取り、これを参加者全員でUの字に取り囲んでその迫力を堪能した。

我々の集いは腐ってもVRMユーザーオフだったワケで、誰彼となく「おぉ、VRMみたい!!」との驚嘆の声が上がったことは言うまでもない。実際、15インチの液晶ディスプレイに届く車載CCDカメラの視線は、まさにVRMの運転台視点そのもの。萬鉄道の4〜7番線には高輝度LEDを使った手作り信号機も随所に設置されており、遠方から見えるこれがまたなんとも言えない味を醸しだすのであった。なんとこの信号機、トンネルの中にまで設置されている。凝り性だなー。

それはさておき。
拙者が聞き逃さなかったのは、オーナー氏の「このレイアウトは車載カメラで見ることを前提に設計した」とのご発言である。このレイアウトは、中部大学鉄道研究会の手練れのモデラー諸兄の手になるもので、その手腕は見事としか言いようのないものである。事実、車載カメラからの眺めを見て、我々の中でのレイアウトの評価が(元々高かったのだが)最高潮に達したのである。そして驚くべきことに、製作者たちは紙上検討と勘でこのレイアウトを作り上げたらしい。
で、思ったのだが、もし、彼らがこのレイアウトの設計に着手する段階でVRMを手にしていたら、もっとトンデモないものが出来たんじゃないだろうか。オフ会当日、運営スタッフとして勤めておいでの同研究会のメンバーの方とお話しする機会があったのだが、彼はVRMのことをご存知だった。残念ながら、VRMの運用に耐えるPCが手元にないとのことで、まだ実際に使われたことがない、とのこと。

彼らにはパワーがあった。ノウハウもあった。もちろん、完成したレイアウトは素晴らしいもので、これにイチャモンをつける気は更々ないのだが、こういう方々になんとかVRMの活用を啓蒙していく方法はないものだろうか、というのが、今回のオフ会で最も拙者の脳裏に強く焼きついたエピソードなのであった。こういったパワフルな方々がVRMを活用したレイアウト製作事例を発表してくだされば、これほどVRMの宣伝として素晴らしいものはないだろう、と思うがゆえに。

まぁ、具体的な手段についてはボチボチ考えよう。なんか思い浮かんだ方はコメント欄にでもよろしく。
0

2006/2/19

VRMユーザーオフ@名古屋開催  誉め殺し
2006/2/18(日)、VRMユーザーオフ@名古屋が開催された。参加メンバーは以下の通り。

はやぶさ氏
はやたま氏
シティーライナー氏
快速特急INAJI氏
ちびて氏
たいし氏
なっかん氏
ghost

(順不同)

詳細は、上記諸兄の手になるレポートを待つべし。まずは、無事故大成功を寿ぎ申し上げるとともに、今回のオフ会のキッカケを作ってくれたちびて氏、主催者として無事故運営に尽力されたはやぶさ氏、そして急用により参加が叶わなかったものの、今回の企画立案の功労者であるRYOMA氏の功績をここに讃えます。お疲れ様でした。

さればで御座る。
拙者より申し上げるべきことは、ただ一言。

続きを読む
0

2006/2/18

VRM4用PC製作記  誉め殺し
junichi氏のWebがリニューアルされたことに、fox-hobby-blogを読んで気づいた。氏のWebに限っていつもこのパターンなのは何故だろう。それはさておき。
のっけから大迫力のFlashムービーにも圧倒されるが、今回のリニューアルでの注目は、その下の方に「コソッ」と存在している「V4に備えて専用パソコン製作しましたが?」と題されたリンクなので御座候。

意外なことに、VRM系Webではこういった類のコンテンツがこれまで存外少なかった。kNRニュースにて詳細が既報だが、近日出版予定の「鉄道模型シミュレーター4エキスパートガイド」においても、この隙間を補うべく、かなりの紙面を割いてVRM4向けの3Dパソコンに関するガイドが収録されている。そういう意味において、junichi氏が公開された記事は、必ずしもPCハードウェアに詳しい人ばかりが集まっているワケではないネットVRM界隈において、貴重なコンテンツと言うことが出来るだろう。

ところで。

続きを読む
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ