2006/2/9

より多くの人に楽しんでもらえるVRMレイアウトとは?  VRM4EG
まずは見た目にキャッチーな絵から。

クリックすると元のサイズで表示します
VRM4EG収録レイアウト「特急-急行-普通」より

この作品も自律自動運転が組み込まれたレイアウトです。ちょっと凝った仕掛け(タイトルが全てを物語っているような気もしますが)が施されています。お楽しみに。

で、前回のお話の続きですが。

続きを読む
0

2006/2/9

VRM⇔N比較の話  誉め殺し
啓明氏のコレもなかなか興味深いが、それ以上に後ろ髪を引かれたのがtoukaidou211氏フテーキ日記13なので御座候。
リアルNゲージ(長所)
・場があれば自慢ホウダイ
VRM(長所)
・室内灯別途購入不必要

虚を衝かれたのが上に抜粋した2点。「場があれば自慢ホウダイ」というのは、VRMについてもインターネット上でやり放題、という気がしないでもないが、実のところVRMユーザーではない人の視点からするとその評価基準はVRMそのものの使い方よりも、むしろWebサイト全体としての見せ方に依存するのではないか、とも思われる。
実際、「この人はVRMで凄いコトをしてるのに、Webでの見せ方で損をしてるかも」と思ってしまう方がいないでもない、敢えて御名は挙げますまい。

それ以上に面白かったのが「室内灯別途購入不必要」。考えたこともなかった(笑)が言われてみればおっしゃる通り。ただし、Nのそれが取り付けさえすれば後はレールに乗せるだけであるのに対し、VRMにはスクリプトという壁が立ちはだかる。これもスクリプトウィザード実装以降は既に過去の話ではありますが。
優劣決め難いため、スナオにりょうほう たのしむべきである!!!

同上
結論には素直に同感。
それぞれの特性を踏まえるのは重要なれど、優劣を論じるのはナンセンス。相互に補完する存在として活用するのが吉。まぁ、toukaidou211氏も嘆いておいでのように・・・

財布の中身は喰い合う

ワケですが。
で、それはいいので、

続きを読む
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ