2006/2/26

jrkwansai氏のVRM4EG入手の話が面白い件  誉め殺し
とりあえず読んでください、面白いので。

氏自身がリンク先のエントリで述べられているように、jrkwansai氏には「鉄道模型シミュレーター4エキスパートガイド」の拙稿執筆にご協力いただいたので、本来は掲載紙を進呈すべきところだったのですが、氏の固辞を受けまして、このような次第となりました。随分とお手間をおかけしたようで面目ないです。>jrkwansai殿

あまりこのエピソードを強調し過ぎると、ここでどなたかがボヤいておられるように「身内で盛り上がってる」と言われてしまうのかも知れませんが(あ、念のために言っておきますが、229はボクじゃないです、230氏の勘違いです)改めて申し上げておきたいことは、そもそもjrkwansai氏と私とはまったく面識がなかった、という点です。
偶然、氏が拙前著に収録したレイアウトプランを施工され、それをweblogという形で公開され、そしてたまたま私がそれに気づいた、というご縁です。しかし、このご縁がなければ、VRM4EGに収録した拙稿「VRMを活用してリアル鉄道模型レイアウト作り」は書くことが出来なかったか、あるいは書くことが出来たとしても、画竜点睛を欠いていたことでしょう。
詳しくは同記事をご覧いただくとして、その肝だけを抽出すると、VRMは単に鉄道模型レイアウトの設計ツールであるのみならず、従来基本的にはスタンドアローンな存在であったレイアウト職人の横連携を生じさせるコミュニケーションツールであり得る、ということが、単なる空理空論ではなく、こうした実例を通して証明されたことに意味があると思うワケです。この点については、jrkwansai氏にはいくら御礼を述べても述べきれないくらいに感謝しております。

続きを読む
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ