2006/5/14

ライン川の畔の長い一日(1)  欧州行脚
EC7番列車からコブレンツでRB(Regional Bahn=各駅停車)に乗り継ぎ、今回のドイツ行の最大の目的地であるオーバーヴェーゼル[Oberwesel]へ向かいました。

クリックすると元のサイズで表示します
<オーバーヴェーゼル駅>

RBしか停車しない小さな町ですが、ここはドイツ鉄道でも有数の撮り鉄ポイントとされているところです。その理由をご覧頂くことにしましょう。
駅を出て北へ向かうのですが、メインストリートではなく、1つ東側の細い路地を線路に沿って進んでいきます。すると・・・

クリックすると元のサイズで表示します
<見るからに怪しげな石壁が!!>

「さぁ、昇りなさい」と言いたげな階段に突き当たります。
もちろん昇ります。

続きを読む
0

2006/5/14

I.MAGiC VRM News Vol.47  
出ましたね。

DD51収録は祝着至極の一言。さて、ヘッドマーク作るぞ。

285系は小さなスクリーンショットではあるけれども、VRM2時代のそれとの差が歴然。まぁ、そうでないと困るけど。特に顔の微妙な曲面の再現にかなり気合が入ってんじゃないかと思うんだが、さて、実物の出来栄えや如何?

313/373系は、VRM3第6号収録のそれとクオリティ的には大差ないんじゃねーの、っつーか、有り体に言えば、ユーロエクスプレスシリーズよろしくVRM3第6号のデータにVRM4準拠のギミック付けただけじゃねーの、と勘繰りたくもなるのだが。まぁ、313系については方向幕をいじれるようになる(よね?)のは大きいかも知れない。

問題は、未だ画像の出て来ないキハ82か。あくまでも個人的な心象なんだけれども、難物なんじゃないかなーと思うんですよ。決して形状が複雑だとか、そういうワケでもないと思うんですが、リアル鉄道模型(N、HO)の実績から想像するに、それらしく見せるのが難しいプロトタイプであって、評価が見る人によって大きく分かれるんじゃないかなー、みたいな。まぁ、ワクワクしつつ待ちましょう。

7月上旬発売とのことだが、それまでにユーロエクスプレスシリーズのタイトルを1つか2つ増やしておいていただけないものだろうか、まとめてオーダーしたいので。ちなみにBahnsim PROは、オーダーしてみたものの現在返答待ち。あ、仮にBahnsim PROの入手に成功しても、ユーロエクスプレスシリーズは全部買いますんで、よろしくです。>中の人
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ