2006/11/19

広がるVRM→Nつながり  電波ゆんゆん
霊魂補完計画の最中ではありますが、VRM→N筋にて動きがありましたのでご紹介しておこうかと思います。

これまで、拙Webサイト“VRMovies別館「VRMからNゲージレイアウトを作ってみよう」”(通称“VRM→N”)にて公開してきたVRMによるNゲージレイアウト設計については、ボク自身が施工したものの他に、皆様ご存知のJR関西氏によるもの(現在も新たな作品が施工中)、せーいち氏によるもの、があったワケですが、新たにもうお一方の手になる作品が加わりました。

施工してくださったのはまる氏。リンク先のWeblogでは、氏のレイアウト施工期も読むことが出来ます。今回、完成を迎えられたとのことで、写真を多数ご提供いただきましたので、VRM→N特別展示室に掲示させていただいておる次第です。

*     *     *

親愛なる純VRMユーザー(必ずしもリアル鉄道模型に関心のないVRMユーザーの皆様)におかれては、このような話題にはご関心がなく「ふーん、そんなの知ったこっちゃないよ」とお思いの方もおられるやも知れませんが、さにあらず!

我らがVRMは、その版図を鉄道模型趣味界に広げんと、VRM4ベースのワイヤーフレームビュワーを新たに搭載した「鉄道模型レイアウターF2006」を、まさに投入したところなのであります。

※鉄道模型シミュレーターF2006については、こちらの拙稿も合わせてご参照ください。

で。

貴兄自身がリアル鉄道模型に関心があろうがなかろうが、あなたがネット上に公開するVRMのスクリーンショットであるとか、VRM4第2号Powered by TOMIXベースの手頃な大きさのVRMレイアウトというものは、それを見る鉄道模型愛好家からすれば、リアルNゲージ鉄道模型レイアウトの設計図であり完成予想図なのであります。

当たり前、と言えば、当たり前の話なんですが、改めて、この点を強く申し上げておきたいのであります。

あなたが何の気になしにネットに晒したVRMレイアウトを「あ、リアルで作ってみたんですけど」と言ってくる人が現れる日は、そう遠くないのであります。現にボクのところには、ボク自身がそれを本気にしていなかったにもかかわらず、既に三人の猛者が現れたんですから。
0

2006/11/19

現代ローカル風景/櫻隼氏  霊魂補完計画

以下はI.MAGiCレイアウトコンテスト2006参加作品のレビューです。作品は結果発表のページからダウンロード可能です。

昨年の大賞受賞作「敦賀(しおじ氏)」に勝るとも劣らぬ、写実的かつ高密度な作品であり、今回の参加作品の中でも抜群にハイクオリティであることから、その大賞受賞は誰人にも異論のないところであろうと思うし、VRM4からVRMに入門した諸兄にあっては、この作品をお手元のPCで楽しむためだけであっても、VRM3特急列車大全集1&2を購入する価値があることはボクが保証する。

本作の見所は多岐に渡るのだが、特に他VRMユーザー諸兄にも今後の参考にしていただきたいという意味合いを込めて、作中の駅構造に注目していきたい。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

本作には、計4つの駅を認めることが出来る。

かつてボクはレイコン参加作を作るヒントとして「駅は1つだけを徹底的に作り込め」と書いたことがある。これは、基本的にVRMではI.MAGiCが提供する部品の配置の妙を競う他なく、その表現には自ずと限界があることによる。つまり、似たような構造の駅をダラダラならべるくらいならば、そのエネルギーを1つの駅を個性的に組み上げることに振り向けよ、との提言であった。

これに対し、櫻隼氏は類稀なる胆力でもって、作中の4つの駅をどれも見事なまでに個性的に仕上げている。ボクの論法に沿えば、氏は本作を作るに当たり、コンテスト級レイアウト4つを作るのに必要なエネルギーを投じている、ということだ。

上掲スクリーンショットは、作中に2つ存在する橋上駅舎構造を有する駅であるが、どちらも出来合い部品の組み合わせで実現されているとは思えないほどに個性的である。いずれも共通して「屋根式プラットホーム」が用いられている(上写真のホーム屋根と下写真の橋上駅舎屋根)が、パッと見、同じ部品が使われていることを感じさせないのが見事だ。

クリックすると元のサイズで表示します

プロトタイプとなっているTOMIX製品が古いこともあって、持て余しがちな「TOMIX対抗式プラットホーム」「TOMIX木造駅舎」も、氏にかかれば地形とのコンビネーションでかくも個性的な情景に生まれ変わる。“古くからある駅舎の上に、後年になって谷を渡る近代的な跨線道路が設けられた”といったような、本来VRMレイアウトにあるはずのない“歴史”すら感じさせるのだから驚きだ。

クリックすると元のサイズで表示します

築堤部に設けられた上掲の駅にあっては、最早評する言葉もない。「ビーム橋脚」をプラットホームに用いるのは、決して新奇な着想ではないが、この構造には目から鱗が落ちた。

櫻隼氏の作品が我々に示しているのは「VRMには手間暇さえ惜しまなければ何でも作れる可能性がある」という、古くはこてつ氏が“無理矢理ストラクチャ”を通じて示した手法の、まさにその極限である。そういうワケで、氏にはボクから謹んで“無理矢理大王”の称号を贈りたいと思う。

え、嫌ですか、そんなの?

*     *     *

余談になりますが、ハンドル名「櫻隼」は「さくらはやぶさ」と読むので正しいのでしょうか。英語版レイコン結果速報には既にそう表記してしまっているのですが、間違っていたらご指摘ください。>櫻隼殿

*     *     *

2006/12/17追記

おいちゃん氏による本作のレビューにもご注目あれかし。

http://blog.livedoor.jp/idobatakaigivrm3/archives/50385589.html
http://blog.livedoor.jp/idobatakaigivrm3/archives/50385773.html
http://blog.livedoor.jp/idobatakaigivrm3/archives/50387478.html
http://blog.livedoor.jp/idobatakaigivrm3/archives/50389142.html
http://blog.livedoor.jp/idobatakaigivrm3/archives/50389443.html
http://blog.livedoor.jp/idobatakaigivrm3/archives/50390249.html
http://blog.livedoor.jp/idobatakaigivrm3/archives/50392805.html
http://blog.livedoor.jp/idobatakaigivrm3/archives/50393120.html
http://blog.livedoor.jp/idobatakaigivrm3/archives/50396317.html
http://blog.livedoor.jp/idobatakaigivrm3/archives/50399334.html
http://blog.livedoor.jp/idobatakaigivrm3/archives/50407938.html
http://blog.livedoor.jp/idobatakaigivrm3/archives/50417692.html
http://blog.livedoor.jp/idobatakaigivrm3/archives/50440192.html
http://blog.livedoor.jp/idobatakaigivrm3/archives/50459365.html
http://blog.livedoor.jp/idobatakaigivrm3/archives/50462281.html
http://blog.livedoor.jp/idobatakaigivrm3/archives/50464506.html

2006/12/11追記

新快速氏による本作のレビューにもご注目あれかし。

http://black.ap.teacup.com/sinkaisokublog/30.html
http://black.ap.teacup.com/sinkaisokublog/54.html

0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ