2007/1/27

オランダ人が釣れていた件  Bahnsim PRO砲兵隊
YouTube広がりで、いろいろ面白いことになりつつあるようだ。ニコニコ動画は、名前は聞いていたけれども、どんなものか知らなかった。コメントが画面上を飛び交うのが面白いね、アレ。

*     *     *

奇しくも、ボクの方でもYouTubeつながりで妙なコトがあったのでご報告。

YouTube登録ユーザー間でメッセージを飛ばし合う機能があるんだけども、いわゆるSPAMばかり飛んで来ていたのでスルーしていた。で、今日になって、その中にまともなメッセージが紛れていたのに気がついた。
とても美しいキミの使っているゲームは何?

適当訳、原文は文法を無視している
とだけ書いてある。理解に苦しむのは、このメッセージのタイトル(メールサブジェクト、と思えばよい)が“Virtual Railroad Models Ver.3 Germany Edition(VRM3)”だったこと。わかってんじゃん(笑)。いや、多分、これがソフトウェア名だと思わなかったんだろうな。

とりあえず返事をしておいたんだけども「Bahnsim PROはもう死んじゃってるから、手を出さない方がいいよ」と書くべきか書かざるべきか悩んで、結局書かなかった。それは本人が判断すべきことだろう。ちなみにこの人。メッセージに、オランダ国鉄のInter Cityを撮影したビデオが添えてあったので、多分、オランダ人なんだろう、と勝手に思っている。英文法が怪しげ(単語だけが英語で、語順が蘭語風になってた)なのは、子供だからか?

*     *     *

今更だけども、インターネットって、いろいろあって面白いね。
0

2007/1/27

出雲 & 瀬戸  VRM4ポータブル編成
その筋の人たちの対応がトロいので、その間のつなぎ。

別にその筋の人を急かしているワケではなくて、単に、存在に気づいていないVRMユーザーに周知したいだけ。念のため。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

「出雲」はEF65PFとDD51、瀬戸はEF65PとEF65PFの、それぞれ牽引機バージョンが同梱。どちらも要VRM4第5号。つまり、出雲のDD51は5号収録のお召し機を使ってるってコト。

http://kinokuni-station.sakura.ne.jp/ptatrain/files/ptEF65-izumo.lzh
http://www.nodus.ne.jp/ghost/vrm/ptrain/ptEF65-seto.lzh

あと、たまにリマインドしておかないと意味不明になりそうな気もするので、「ポータブル編成っていったい何?」な方はこちらをご参照くださいまし。

あと、機関車の室内灯をどうしたか記憶が曖昧なので、もし夜景モードでの見栄えがお気に召さなかった場合は、こちらを参照の上で各自で修正しちゃってください。
0

2007/1/26

I.MAGiC VRM News Vol.74  電波ゆんゆん
TOMIX規格の追加部品やナシ20のスクリーンショット等、見た目に嬉しいI.MAGiC VRM News Vol.74ですが、ボクが釣られるのは、やはりスクリプト関連の話題なワケで。
スクリプト新機能(Vector型数値対応、フライスルーカメラの設定)、カーソルキーによる部品移動など多数の変更点を含みます。

うーみゅ、なんだか複雑な心境。昨日書いたことは間違いだったかな、みたいな気分になった。

*     *     *

特に後ろ髪を引かれるのは“ベクトル(引用文中ではvector)型数値対応”との文言。

“ベクトル”という語は多義的なので、これがいわゆる配列変数(に類する数列を扱う何か)を指すのか、オブジェクトの列挙を可能にするコレクション変数のようなものなのか、あるいは“フライスルーカメラの設定”との関連で方向と移動量を合わせて記述する文字通りのベクトルなのか、はたまたそれ以外の何かなのか、は現時点では判然としない。

個人的にはオブジェクト列挙に期待したい(賢明な実装であれば、スクロールの生産効率が確実に向上する・・・はず)ところだが、思うにその可能性は、上に書いた中では最も低いだろう。まぁ、そんなモンが実装されても、ボク以外のVRMユーザーが喜ぶとも思えないし。まぁ、それは捨て置く。

いずれにせよ、ボクは楽しみなのだが、VRMユーザー的にはどうなんだろう、と同時に訝しく感じたのが「昨日書いたことは間違いだったかな」な気分に陥った理由。どうにも、I.MAGiC自身がVRMをどういう方向へ持っていきたいのか、が判然としない。フライスルーカメラのスクリプト制御を、実際にやるユーザーって、全VRMユーザーの何%だ。っつーか、ボク以外に何人いるんだ。っつーか、いるのか、ボク以外に?

あるいは、水面下にボクと同等か、あるいはそれ以上のスクリプト使いがたくさんいて、彼らのニーズに応じてスクリプトが拡張されていっているのだろうか。うーん、可能性としてゼロではないにせよ、ちょっと考えにくいなぁ。

続きを読む
0

2007/1/25

お詫びと提案、そして暴言という毎度お馴染みのオチ  真VRM世界征服計画
まず、お詫びの方から。と言っても誰も気にしちゃいないでしょうが。

コレの世界征服計画新着情報が、最近、ゴッソリと流れてしまったことに、お気づきの方はお気づきかと思いますが、これはボクが拙Webの空き容量確保のために実在路線再現系の動画のYouTubeへの追い出しをおこない、それらをクリップし直した副作用です。

なんでそんな無駄なことをするのか、と。

ご存知の方もおいでかと思いますが、拙過去動画については、ちびて氏が随分と以前から公開確保してくださっているのですが(改めて厚く御礼申し上げます>ちびて殿)流石にそこへ、はてなマップのクリップから直接リンクするのは憚られたのが1つ。

そして、最大の理由は、今現在、VRM入道を欠かさず読んでおられる方々には無関係なのですが、将来的にVRMユーザーになられる方々に、たとえボクやちびて氏が何らかの事情でネットVRM界隈を離れてしまった後であっても、過去の資産へのアクセス可能性を担保しておきたいと考えてのことです。

以上がお詫び。以下、提案です。ボクが世界征服計画にこだわる理由は、実は先日論じたコレと深い関わりがあります。

続きを読む
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ