2007/8/11

多分共感されないのろけ話  電波ゆんゆん
VRMとは何の関係もない与太話。

*     *     *

最近、我が家ではアジアンフードが俄かに流行っていて、先週末は妻と芦屋にベトナム料理を食いに行った。普通に旨かった。

まぁ、それはいい。ポイントはそれが“芦屋”であったこと。

食後にちょっと買い物をして、この後どうするかいなぁ、と思っていたら、不意に妻が「折角芦屋に来たんだから、久しぶりにあのお店に寄ってみたら」と言う。彼女の言う“あのお店”とはJR芦屋駅前のモデルバーンのことだ。で、行ってみた。

何気にArnoldのオリエント急行5両セットにクラッとしつつ、いやいやスイス型一筋と誓ったぢゃないか、と自分に言い聞かせて魔を鎮める。とか言いながら、これを書いている今になって、アレをワニさんに牽かせるのも悪くなかったか、とか未練がましいのだが、まぁ、それはいい。

唐突にショーケースを指差して妻が言う。

「ほらほら、BLSの荷物車、かわいい!」

何と言うか。

我が妻ながら、見目麗しい(としておかないと殺される)女性が、鉄道模型専門店でニコニコしながら「BLS」「荷物車」と、どー考えても世間一般の女の子が決して口にしないであろう単語を連発し、なおかつ、それらを女の子御用達のマジックワード「かわいい」で総括してしまう光景は、かなり異次元だ。

惚れ直した。
0

2007/8/10

パッケージ限定レイアウト for VRM4第1号造営中  
クリックすると元のサイズで表示します

なんとなく。

1つか2つ、地味な大技(?)をご披露する所存にて、ご期待あれかし。
1

2007/8/8

駅構内に編成がいるかいないかを判断する方法  VRMスクリプト禅問答
コレの続きです。

編成がポイント上に停車していたり、あるいはまさに通過中であったりすると、SetPointBranch命令を使ってポイントを切り替えようとしても切り替わりません。前回は、この切り替えの成否を判断する方法と、切り替えを妨げた編成の通過を待って自動的に切り替えを完遂するサンプルコードを示しました。

今回ご紹介するのはこの応用編です。

走行中の編成がこれから進入する駅場内等に、他の編成が既に存在するかどうか知りたい、というシーンは意外にあるような気がします。

VRM4のセンサーは先頭または終端の台車が通過する“瞬間”を検知するもので、センサー上に編成の一部がかかっているか否かは判断することが出来ません。また、区間閉塞信号を組み込んでいれば、信号遷移から間接的に編成の所在を知ることが出来ますが、これが一筋縄ではいかないことは、VRM入道の熱心な読者諸兄はよくご存知のことで御座いましょう。

そこで、前述の「編成が真上にいるとポイント切替に失敗する」という特性を悪用(?)して、駅構内に編成がいるかいないかを判別する方法を紹介しておくことにしましょう。

まず、駅の真ん中辺り・・・そこに編成が停車していたら、間違いなく真上に停車するであろう辺りにポイントを1つ用意します。対向側と渡り線にしてもいいですし、バラスト部品で埋めて、一見してポイントだとわからないようにしてもいいです。そして、このポイントに以下のスクリプトを組み込みます。
続きを読む
0

2007/8/6

プチ改修  
とれたてVRMを少しだけ(本当に少しだけ)改修しました。

クリックすると元のサイズで表示します

I.MAGiC HOBBY WORLDの新着情報に、その“触り”の部分だけ抽出して書き出すようにしました。

何を狙ってかと言いますと、“お知らせ”とか“トップニュース”なんかがそうですが、更新されてもわざわざ見に行くまでもないような中身であることもしばしばあるワケでして・・・いや、あくまでもコアなユーザーの立場で、ですが・・・そういう時間の無駄を軽減したいな、みたいな感じです。あと、会議室でも、自分の関心のある話題に進捗があったのか、単に雑談が増えただけなのか、とか、まぁ、そういうのが判断できると便利かな、と思ったワケです。

加えて、“アップデータ”や“VRM News”の場合は、丁度最新のバージョン/通号がここに表示されるはずですから、それも具合がよかろう、と。どーでもいい話ですが、ココによるとVRM4の最新のアップデータは4.0.6.1で、ココに至っては4.0.4.8らしいです。更新が続かないのなら、こういうのは書かないか(アップデータページへリンクしとけば済む話だし)自動処理に任せる方が吉でしょう。

ついでに、Zio殿にご指摘いただいた“西経にマイナスがついてるよ”問題も修正しておきました。考えてみると“南緯”も、まだ未登場なんですが、南半球の鉄道がVRMで再現される日は来るのでしょうか。さて、一番ノリは誰よ?
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ