2007/8/8

駅構内に編成がいるかいないかを判断する方法  VRMスクリプト禅問答
コレの続きです。

編成がポイント上に停車していたり、あるいはまさに通過中であったりすると、SetPointBranch命令を使ってポイントを切り替えようとしても切り替わりません。前回は、この切り替えの成否を判断する方法と、切り替えを妨げた編成の通過を待って自動的に切り替えを完遂するサンプルコードを示しました。

今回ご紹介するのはこの応用編です。

走行中の編成がこれから進入する駅場内等に、他の編成が既に存在するかどうか知りたい、というシーンは意外にあるような気がします。

VRM4のセンサーは先頭または終端の台車が通過する“瞬間”を検知するもので、センサー上に編成の一部がかかっているか否かは判断することが出来ません。また、区間閉塞信号を組み込んでいれば、信号遷移から間接的に編成の所在を知ることが出来ますが、これが一筋縄ではいかないことは、VRM入道の熱心な読者諸兄はよくご存知のことで御座いましょう。

そこで、前述の「編成が真上にいるとポイント切替に失敗する」という特性を悪用(?)して、駅構内に編成がいるかいないかを判別する方法を紹介しておくことにしましょう。

まず、駅の真ん中辺り・・・そこに編成が停車していたら、間違いなく真上に停車するであろう辺りにポイントを1つ用意します。対向側と渡り線にしてもいいですし、バラスト部品で埋めて、一見してポイントだとわからないようにしてもいいです。そして、このポイントに以下のスクリプトを組み込みます。
続きを読む
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ