2007/8/12

パッケージ限定レイアウトを唱導した真意・・・なのだろうか  電波ゆんゆん
長くネットVRM界隈ウォッチャーを続けていると、だいたい4〜500日周期くらいでこういう話が持ち上がるよなぁ、という感慨すら覚えるワケですが。
(1)ghost氏の提唱する1パッケージ限定レイアウトという考えは、対象となるユーザーに利用させることが出来るという点で(2)1歩先を行っているとは思う。しかし、そのレイアウトを使って更に新たなパッケージを買おうとするかどうかについては不確定である。その時点で完結してしまっているのだから、別に新たなパッケージを買う必要には迫られない。

非常に難しい問題である。しかし、本当はこういうことをメーカーが考えるべきであって、(3)何でユーザーだけがこんなに頑張っているのか疑問に思う。まぁ、ユーザーとしては仲間を増やしてもっと盛り上げたいという一念だけなのだろうが。

Rosso Laboratory / VRM雑感(2)より
※ 番号下線は引用者による
上引用部に、2つ誤解があるので、それを補正するのが本稿の表面上の趣旨です。あと、もろもろのノイズがのります。まぁ、適当に読解してください。

続きを読む
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ