2007/8/17

また忘れている救いようのないボク  
老化現象だろうか。

先だって、BSP/VRM3第0号用パッケージ限定レイアウトを大量に作ったことを自分で忘れていた話を書いた。まぁ、これは1年近く前の話だから仕方がない、としてもだ。近作のパッケージ限定レイアウトについて、一家言書こうと思いつつ、完全に忘れていたのは如何なモノか、と我ながら思う。

*     *     *

クリックすると元のサイズで表示します
<VRM4第1号用レイアウト“月下の谷”>

本作着手中に“1つか2つ、地味な大技(?)をご披露する所存”と書いた。これを書いた時点で、実は4つネタを考えていたが(1つか2つと書いたのは、滑ったときのために控え目にと・・・って、ここに書いてたら意味ないじゃん)考えていたうちの2つは空振りに終わり、結局2つだけが実現できた。とりあえず実現できた方から触れておこう。

このレイアウトでは[1][2]キーを押すと編成の運転台に、[3][4]キーを押すと“特設カメラ”に視点が切り替わるようになっている。1つ目の地味技は、非アクティブな(つまり、今運転していない方の)編成が、自動運転に切り替わることだ。具体的には、FocusOutイベントがトリガになり、以降、非アクティブ編成は走行電圧0.8〜0.9の加減速を周期的に繰り返すように仕込まれている。これに何の意味があるかというと、アクティブ編成の速度を一定に固定しても、周回毎に対向列車とすれ違う箇所が微妙にずれていく、ことを狙っている。な、地味だろ。

2つ目の地味技は“特設カメラ”で、これはボクちゃん十八番のプログラミング制御されたフライスルーカメラによるものだ。

続きを読む
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ