2008/2/26 | 投稿者: ghost

2008年02月26日 zio-rossolabo VRM, SCRIPT 「名前解決」というとどうしてもDNSを思い起こすが、(中略)、DHCPに何でもお任せという感じが楽でイイなぁ。/↓DOMAINとIPでは階層が違うということですか?/宜しくお願い致します。m(__)m

2008年02月26日 ghost-vrmovies ↑そのDHCPの比喩、おかしいですよ。 /解説が必要ですか?(ここには量的に書けないのでweblogで書くことになりますよ)

このエントリへのはてなブックマークコメント より
※便宜上、コメント中の矢印を天地反転させてます
について。

まず、お断り。以下は“比喩”としてのDNS、DHCPに関して述べるものなので、DNSとは何ぞや?DHCPとは?の解説として読まないように。必然的に概説はしますが、正しい知識を得たい人は然るべく書籍等で学ぶべきです。

*     *     *

DNSは、ドメイン名(例:www.imagic.co.jp)から、一意に対応するIPアドレス(例:203.174.67.168)を調べるための仕組みです。IPアドレスは、人間から見ると意味のない数字の羅列です。これではインターネット上のサーバを指し示すのに不便なので、人間から見て意味のある言葉に見える“ドメイン名”に置き換えて利用するのが一般的です。ドメイン名からIPアドレスを調べることを(名前の)「解決」と言い、これは英語のresolveの訳です。

より広義には、扱いたい何らかの集合の写像となる便宜上の名前の集まりを「名前空間」と呼び、この名前を使って元の集合の要素を特定することを「名前解決」と呼びます。

対してDHCPは、ネットワーク内で原則として重複が許されないIPアドレスを、手間をかけずにユニークに保つための仕組みです。DHCPがないと、ネットワーク上のすべてのノード(コンピュータその他、IPアドレスを有するもの、の意)に対し、それぞれに確実にユニークになるIPアドレスを調べて設定する必要があり、その確実性は保障されません。DHCPを使うと、自動的にある範囲の中からユニークなIPアドレスがノードに与えられ、かつ、そのユニークさが保障されます。

続きを読む
0




AutoPage最新お知らせ