2005/3/31

リソースの編成ファイル管理が含意するものは?  電波ゆんゆん
KZ氏のWebでVRM4第1号に関するネタがいろいろ晒されておりますが。氏のblogによると近日力作のFAQ集が公開される由。誉め殺しはそのときのお楽しみに取って置くとして、今日は氏の記事中で何気に拙者の心捉えて離さぬ以下の一文に言及する也。
1号システムでは、編成ファイルにリソースが追加されます。
これによって、ヘッドマーク・行き先方向幕や走行音を編成ファイルで管理出来るようになります。(従来通り、レイアウトのリソースを使用することも出来ます)
まぁ、そもそも第0号の時点でそうでなかったことが妙な話ではあるのですが。
この仕様変更により、ユーザーは自作のヘッドマークや行き先方向幕を含むリソース、さらにはその制御用のスクリプトを同梱した編成ファイルをやり取りすることが可能になります。現時点で、VRM4のリソース機能を活用した話はあまりネット上で目にしませんが、これで状況が一変するやも知れません。
少し脱線しますが、実は拙者、VRM4にヘッドマークや方向幕のカストマイズ機能が実装された時点でちょっとした危惧を抱いておりました。その危惧というのは「ネット上に晒されるVRM資源が(へたくそな)方向幕だらけになるのではないか」というものです。結果的にこれは杞憂だったようですが。VRMスレ@2ちゃんねる鉄道総合板の107氏の意見は、拙者は正論だと思うのですが、現時点でのネットVRMユーザーの平均的なリテラシを勘案すると、むしろ害の方が大きいのではないか、という気もします。

さて、以下は拙者の妄想で御座る。
VRM4第1号におけるリソースの仕様変更は、I.MAGiC開発陣が、前述したようなリスクも承知の上で、敢えてユーザーに車輌カストマイズ機能をもっと活用して欲しいと願っているからこそ、と思われる次第。であれば、リソースを使ってカストマイズできる範囲を広げるというのも戦略としては良いのではないかと。
すぐに思い浮かぶのが、今夏予定のVRM4第2号Powered by TOMIX。同号はJR貨物特集になるようですが、たとえばコンテナの側面図柄を丸々入れ換えれたりするとその筋のマニアにはたまらないんじゃないか、とか。他にも、追加車輌キットとしてどこぞの路面電車を出して、車輌側面の広告を書き換えれるようにするとか。
自前のリソースを含むコンテナや広告付路面電車の編成ファイルは、ユーザーにとってみれば事実上の「オリジナル車輌」なワケで。仮に拙者が予想(妄想?)するようにI.MAGiCの中の人がお考えなのであれば、こういう戦略もご検討いただきたいと思って書き残す也。

蛇足ながら。路面電車キット実現の暁には、是非短半径(R243mm以下の)カーブレールまたはフレキシブルカーブを同梱いただきたく。バラスト/スラブに加えて併用軌道なんかあると、拙者昇天するで御座候。
0

この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ