2006/12/8

見よ、この恐るべきシンクロ率  電波ゆんゆん
これこれ

I.MAGiC VRM News Vol.69が書かれたのが、6日の18時(ボクが電波を飛ばした時刻)よりも前なのか、それとも後なのか、が、とても気になる今日この頃。


と言うのはもちろん冗談で、
収録車両
 書込:シンジ さん DATE:2006/12/05(Tue) 10:49 メッセージNo.4506

V4第五号に24系寝台客車北斗星が収録されたのは嬉しいのですが、肝心なEF81交直流両用電気機関車が収録されていないようです。
何故なのでしょう?

(中略)

Re: 収録車両
 櫻隼 さん- 2006/12/07(Thu) 00:50 メッセージNo.4512

私も不思議です。1号にてトワイライト機が収録されていますし、ゼロから作るより手間は掛からないとは思うのですが…(あくまで素人の意見です)。

EF65PFに牽かせて臨時列車を気取るか、トワイライト機に「本務機故障のピンチヒッター」として牽かせるか… まあ、「どう楽しむか」を工夫する楽しみが増えたと考えましょう。無理やりですが。

このへんに慌てて反応したというのが真相でしょう。他にも同種の意見表明は、多くのネットVRMユーザーのWeb/blogで散見されたので。っつーか、ボクがボケて見せたのもそれが理由だし。

どうでもいいけど、
色を塗り替えてできあがりというわけではなく、VRM4データ制作の手間は新規作成とかわりありません。

I.MAGiCから度々繰り返されるこの発言。技術的に嘘ではないと思うし、言いたいこともわかるんだけれども、顧客である我々からすれば、それは単にVRM4の車両データ仕様の生産性が低い、ってだけの話であって、納得できるエクスキューズじゃないんだよね。理解されない言い訳は、繰り返さない方がいいと思うんだけど。
0

この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ