2006/12/21

別にプライベートモードでもいい  電波ゆんゆん
遅ればせながらこれについて一言。

まずは、ボクはこういうまとめが好きです、理屈抜きに。まぁ、ボクの「きついコメント度」がMAXに達していないのは、やや不満です。

そうですか。
もっとキツいコトを書けと。


冗談はさておき。

但しパブリックで行きましょう。

まず、はてなに明るくない方のために少し注釈しておくが、はてなでは各サービス(ブックマークやダイアリー;weblogに相当、フォトライフなど)について、それぞれ“パブリック/プライベート”のモードを選べるようになっている。パブリックとは公開設定で、URLさえ知っていれば誰でもそれを見ることができる。はてなブックマークの場合で言えば「誰が、どのコンテンツをブックマークし、どんなタグやコメントを付けたのかは、誰にでもわかる」ということになる。対するプライベートは、本人と本人に許可されたはてなユーザーだけがそれを見れるようになる。

つまり、junichi氏の言う「パブリックで行きましょう」というのは、「はてなブックマークをするのであれば何をブックマークし、どんなタグやコメントを付けているのか公開しないさいよ」と言っているのに等しい。

そう言いたくなる気持ちも理解した上で(そりゃ、ボクだって、誰がどんなコメントを書くかにはとっても興味がある)敢えて異論を呈しておく。いいじゃん、別にプライベートでも。

はてなブックマーク=ソーシャルブックマーク全般と言ってもいいけど、の面白い(そして、これは仕組みとして脆弱な部分でもあるのだが)ところは、プライベートモードであっても、ホットエントリ、すなわち多数のブックマークを得て注目されているコンテンツの形成に参加できる、という点にある、とボクは思っているワケで。つまり、自分のタグ付けやコメントを公開できない善意のシャイな人や、コンテンツホルダー側からすれば不愉快極まりないタグをコソコソ付けて歩く確信犯であっても、一票は一票としてカウントされるからこそ、総体として“みんなの本音”に近くなる(近くなるだけで、そのものには決してならない)と思っているワケですよ。

逆に、パブリック=公開ならではの弊害もあって、なまじ誰が誰のコンテンツをブックマークしているかが一目瞭然だから、そのうち絶対に「アイツがオレのコンテンツをブックマークしないのは、何か悪意があるからなのか!?」と思い悩む人が出て来るんですな。実際、この“くねくねワールド”についても、登場当初に「オレは除け者かい!」ってコメントしてた人がいましたけど、これは除け者でも何でもなくて、単にjunichi氏が見落としてただけなんですよ、多分。

で、上の段落で誰のに下線を引いているのがミソなんですが、ブックマークする側の心理からすれば、もちろん人にもよりますけど、大抵の場合は「誰のコンテンツか」ではなく「それが自分の興味のある事柄か」がブックマークするかしないかの判断材料なんですね。ブックマークする立場にあるときはそれがわかっている。でも、一旦ブックマークされる側の立場でパブリックモードの一覧を見ると、さもそれはそのブックマーカーの「好きな人リスト」にも見えてしまう。んでもって「漏れてるオレは嫌われ者かい!?」と勝手に思い込む人が出てくるんですね、これが弊害。

で、今回、急にはてなブックマーカーがネットVRM界隈に増えたので(未だにボクはその理由がわからない、本当だぞ、ボクは裏で糸を引いたりしてないぞ!)敢えて実験的に“ホットエントリ”に目に見える形を与えてみたワケです。はてなのホットエントリページは殺風景だし。

もちろんコレは、第一にはホットエントリの仕組みを使って(良くも悪くも)飛び抜けたネットVRMユーザーを顕彰したい、第二にはそれをもってネットVRMユーザーのコンテンツ形成のモチベーションとしたい、と思ってのことなんですが、同時にそれは、悪い意味での人気投票=踏み絵であるとか、ホットエントリ化させるための“お義理ブックマークの応酬”という危うさだって含んでいるんですね。でも敢えてボクはアレを作ってとりあえず放り投げた、と。それはやっぱ、こういうのは、実際にそういう暗黒面を自分で経験しないと、理屈ではわかっても、本当の意味では身につかないからなんですよ、大袈裟な言葉で言うところの“リテラシ”ってヤツが。

そういう意味で、いつまで続くか、一過性の流行なんかわかりませんが、楽しく“クネクネ”しながら、VRMも思う存分楽しみながら、しばらくたって振り返ってみると「なんかリテラシってヤツ、身に付いた?」みたいな感じになるといいなー、ついでにネットVRM界隈もより盛り上がってるといいなー、とか思ってます。で、それをやる上で、プライベートかパブリックか、ってのは、まぁ、本質的じゃないです。むしろ、ある程度は不確定要素として隠れブックマーカーがいた方が面白い、とボクは思います。とは言え、今、パブリックな人たちはそのままでいて欲しいとは思いますし、ボクは誰のどんなコメントでも楽しく拝見しますけどね。

余談ながら、はてな界隈の一部では、そういう虚実ない混ぜのやり取りを“くねくね”と表現するようです。junichi氏は、ボクの生んだオノマトペだとお考えのように見えますが、元ネタはそれですので、お間違えのなきよう。
0

この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ