2007/1/29

サウンド話を整理してみる  VRM4サウンド三昧
ジョイント音雑感 @ such a cool
攻略(VRMサウンド駄論其の1) @ 日向車両mini
提案(VRMサウンド駄論其の2) @ 日向車両mini

について、ちょっと整理してみる。

*     *     *

最初に、それぞれの論者の立ち居地を明確にしておきたいと思うんだけども、45-50s氏もmoko氏も、観点は「何が実現されるべきか」を述べている。で、ここにボクが同じスタンスで乗り込んでも意味がないので、ボクは「(ユーザーサイドで)何が実現可能か」について述べたい。それは同時に「〜はユーザーにはどうしようもないので、VRMシステムの改善課題である」ということを明らかにすることにもなるだろう。

誤解のないように前置きが続くが、この「何が実現されるべきか」「何が実現可能か」の2つの論点に上下貴賎はない。実現性を考えずに要望だけを垂れ流しても不毛だし、逆に実現性だけに縛られた話は面白くともなんともない。つまるところ、この枠組みはコレに通じる。

実際にこの議論を、本当の意味での「ユーザーの手によるVRMサウンド機能の拡張議論」まで持っていくには、前述の2つの論点に加えて「どこまでならユーザーが使いこなせるか」というのが必要だと思う。つまり、要求と実装が高度化し過ぎた結果、誰も使えないような複雑怪奇なものが出来てしまうのを牽制する論点だ。まぁ、当面はボクがそれを兼ねるのだろうけども、この議論はmoko氏、45-50s氏、そしてボクの専売特許ではないので、暫時読者諸兄にも銘々の関心の切り口において参戦していただければ、自然と役割分担が為されることであろう。っつーか、そういうのを期待したい。

*     *     *

前置き終わり。本題に入ろう。


各論は後日に送り、今日は総論として「何が実現可能か」「どこまでならユーザーが使いこなせるか」の観点から、現時点で提示されている「何が実現されるべきか」を整理してみようと思う。

●比較的容易にスクロールで実現できるもの

・トンネルや鉄橋で音が変わる
・カーブ通過時に車輪がきしむ

●スクロールで実現できるが、ユーザーが使えるか疑問なもの

・走行音を、現行のLow/Highに加えて編成個々に3音、4音、欲を言えば6音ぐらいに増せる
・走行音を車両毎に設定できる
・車種(電車/ディーゼル車etc...)によって走行音の再生ポリシーを変える

●ユーザーの技量に依存し、一般解のないもの

・Low/Highの走行音のつなぎ目がわからないのが望ましい
・中速域でジョイント音が入り、高速域でフラット音に変わる

●VRMシステム自身に手を加えないと改善できないもの

・音量の変化ポリシーを改善する

といったところだろうか。もちろん、これはボクの私見であり、間違っているかも知れない。また、それぞれの課題は相互に関係があるので、たとえば、一見簡単に実現できそうな「トンネルや鉄橋で音が変わる」なども、走行音の切替が6段階になった暁には、それぞれに対応した音源を用意するとなった時点で「ユーザーが使えるか疑問なもの」に昇格(?)してしまうかも知れない。

で、こう並べて何がわかるかと言うと、第一に、ほとんどの課題はユーザー自身で解決できそうだ、ということ。音量についても、走行音の多段切替さえ実現してしまえば、あとは音声リソースの作り方でカバー出来そうな気はする。

第二に、スクリプト/スクロールによって、いわゆる“フレームワーク”を提供するだけでは解決にはならなくて、それに適合した音声リソースの提供(または、作り方のガイド)がないと、仏作って魂入れずになる。moko氏曰く「言ってる僕自身、実装されても面倒くさくてやる気しないかも」みたいな。でも、仏があったら魂入れたくなる(何だ、そりゃ?)はあるかも。

んで、今ひらめいたんだけども、moko氏のグラフが核心を衝いているように思うんだが、音声リソースだけでなく、最高速度を動的に変化させる(もちろん、走行速度を維持すべく、走行電圧も連動して変化させる)一般解を導くところあたりに突破口がありそうな感じがしてきた。

つまり、最高速度設定が一定の状態で、音声リソースの切替だけでなんとかしようとするから難しそうに見えるんであって、最高速度設定の方を音の都合に合わせて適時変化させてしまえば、moko氏の描いたグラフに示される理想の音声再生特性を再現できるんじゃないか、みたいな。もちろん、最高速度だけを変化させると走行速度が突然変わるはずなので、変化直前に現在の走行速度を計測し、新しい最高速度に対する比をとって走行電圧を再設定する、みたいなロジックは要りますが、音声リソースの作り方でゴチャゴチャするよりは全然簡単そう。

と思って、今、シンプルなテストコードを書いてみたんだけども・・・

おぉ!!
SetTopSpeedで音が変わるぞ!!


どうやら深遠への扉は開かれたようである。っつーことで、新カテゴリ“VRMサウンド三昧”を立ち上げた。いろんな立ち居地(冒頭の前置き参照)での参戦を歓迎するので、コメント欄やトラックバックで発言してみて欲しい。
これを成し遂げるのは、ボクではなく我々だ。
0

この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ