2008/7/27 | 投稿者: ghost

勢いでアンデルマットまで来てしまったワケですが、流石に同じ経路で(グリンデルワルトの宿へ)帰る気にはなれないので、帰路はポストバスを使いました。スイスでは路線バスの大半が郵便輸送を兼ねていて、ゆえにポストバス[postbus]と呼ばれます。黄色い車体がその目印で、車種にもよりますが自転車も運んでくれたりする優れものです。

クリックすると元のサイズで表示します
<ポストバス@アンデルマット駅前>

アンデルマットからグリンデルワルトへ直行するバスは(地勢的に)存在せず、マイリンゲンを経由することになります。選択肢としてはスーステン峠[Susutenpass]経由の直通と、フルカ峠[Furkapass]を越えてグレッチュ[Gletsch]でグリムゼル峠[Grimselpass]経由の便へ乗り換えるパターンがあります。今回は後者を選びました。理由はそのうちわかります。

ちなみに、路線バスとは言いつつも、峠越えをするポストバスは原則として事前の予約が必要です。これは、運行経路の特性上(これも読み進めばどんなものかわかります)立ち席がマズいからであろうと思われます。ポストバス自身はスイス連邦政府郵政省の管轄になりますが、その予約はすべての国鉄・私鉄がそうであるように、鉄道駅でありさえすればどこでも可能です。

続きを読む
1




AutoPage最新お知らせ