2006/9/28 | 投稿者: ghost

VRM4EGに収録したgws/1.0時限式自動信号機スクロールは、お手軽にリアルな信号動作を組み込める上、他スクロールとの組み合わせで信号灯火に応じた自動速度変更も可能な逸品であったワケですが・・・って自分で書いてて空しくなってきた・・・お手軽を追求し「時限式」すなわち、列車位置に関係なく時間経過に応じて灯火色が遷移する方式を採用したため、本当の意味での閉塞が出来ないという欠点を抱えておりました。

この欠点を克服したスクロールが、現在ボクの手元で最終テスト中です。その名も「gws/1.0区間閉塞式自動信号機」・・・って、そのままですが・・・時限式自動信号機とほぼ同じ組み込み手順を踏襲しつつ、区間閉塞によって後続列車の追突を防止する機能を実装しています。もちろん、時限式自動信号機同様に二灯/三灯/四灯減速/四灯警戒/四灯抑速/五灯の全形式に1つのスクロールで対応。gws/1.0規格完全準拠で、あなたのVRM4レイアウトをインテリジェントに演出します。

クリックすると元のサイズで表示します
<β版アーカイブに付属するHTMLベースの解説書(抜粋)>

先にβテスターを公募したgws/1.0待避線出発信号同様、必ずしも扱いが容易なスクロールではありません。βテスターのご意見を反映することで、より多くの人に優しいスクロール/解説書へブラッシュアップした上で一般公開したいと思っておりますので、ご協力いただける酔狂な方はメールにてご連絡ください。

なお、このスクロールは単体でご利用いただけます。信号灯火色に応じた編成走行速度の自動更新をおこなうには、VRM4EG所収のスクロール群が必要です。

続きを読む
0




AutoPage最新お知らせ