2006/4/22 | 投稿者: ghost

先にあつかましいお願いを書きましたが、それに関連して1つ禁断のネタを。

*     *     *

個人のWeb/blogでVRM4EGについてレビューやそれに近い言及をしてくださっておられる方が多数おいでであることは、もちろん、例の調査の過程で気づいております。書いてくださった方の中には「これはVRM侍(当時)が食いつくに違いない」と期待していたのに「無視したまま出家とは何事か!」とお怒りの方がおられたかも知れません。
が、これは無視していたのではなく、少なくとも著書に関して言うと、読者たる諸兄が私を批評することは許されても、私が読者たる諸兄の批評をさらに批評するのはお門違いであると考えているからです。
例外的に、jrkwansai氏については、あえて当時のVRM侍でピックアップしましたが、これは拙前著をキッカケに始まった氏の手になるレイアウト施工が、拙著に対する批評という枠を超えて、氏自身の独自のアクティビティとして完遂されたものとの判断によるものです(なので、レイアウトが完成するまで敢えて触れずにいました)。

そういうワケですので、個人のお立場においてVRM4EGのレビューを公表しておられる皆様に、逐一私見をお返しすることはご遠慮申し上げますが、私はレビューして下さった皆様に心の底より感謝しておりますし、自身の次なる活動の糧として吸収させていただいておりますことを、ここに改めて表明しておきます。

続きを読む
0




AutoPage最新お知らせ