2006/12/26

スハネフのエンジン音デッチ上げ作戦  VRMナノ?
カテゴリ“VRMナノ?”を新設しました。読んで字の如く、ここで提唱した“ナノ−タネ”を自ら実践する企画です。要するに「VRMレイアウト作りに役立つ技術記事ではあるけれども、実はVRMの話ではない」という内容になります。ゆえに“VRMなの?”です。うまいこと言うなー、我ながら。

*     *     *

VRM4第5号ユーザー限定になるんですが、とりあえずここで紹介したポータブル編成“EF65+14系「あかつき1号」”をダウンロードし、ビュワーで見てください・・・というか、聴いてください。スハネフ15に近付きますと、オハネからは聴こえないノイジーな音が聴こえてきます。特に機関車次位だと、EF65の機械音も混ざっていい感じです。

要するに、12系・14系の床下の発電用ディーゼルエンジンの音を表現してみたワケですが、今回、これを実車からの録音を使うのではなく、PC上で純粋にデジタル合成した音でやってみました。
上野は地下ホームだから反響で音が割れる。東京は騒がしすぎてきっと無理。

ボク自身はいわゆる「録り鉄」経験がないのでアレなんですが、上引用のmoko氏や、やはりその筋の作例を出してくれているtoukaidou211氏の話を聞くと、鉄道車両のピュアな音だけをVRM用に切り出すのが容易ではないことがわかります。

無論、本物サウンドに越したことはないですから、その筋はその筋で精進いただくとして、引き篭もりインドア派なボクとしては、PCの前に居ながらにしてピュアな音だけを作りたいな、と思い、実験的にやってみた次第です。

続きを読む
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ