2008/3/7

無理矢理Bahnhof》Karlsberg《  VRM4無理矢理部品
FALLER製品ベースの無理矢理ストラクチャ第二弾。Bahnhofは皆様ご存知の通り“駅”なので、直訳すれば“カールスベルク駅”になる。Karlsberg駅(Casekow駅)はドイツ国鉄に実在するが、必ずしも実在の駅舎をモデルにしたワケではないみたい。

クリックすると元のサイズで表示します

欲しい方は下記URLからどうぞ。

http://silver.ap.teacup.com/ghost/html/bahnhof_02.lzh

元ネタFALLER製品はこちら。二棟が渡り廊下構造で繋がっている点を除けばほとんど別物状態ではあるが、とりあえず床面積は近似させているので良しとする、っつーか、してくれ。

要VRM4第0,1,4,6号+追加キットDBステーション。4,6号は必須ではないが、それぞれ木造部分、土台部分が欠けます。DBステーションはあるにこしたことはないです。ない場合はプラットホームの屋根構造が欠損するので、適当な部品に置き換える方向で。

※VRM4無理矢理部品シリーズに関するお約束はこちらを参照。
0

2008/3/2

無理矢理Altstadthaus  VRM4無理矢理部品
Altstadthausは独語で、意訳すると“古風な町屋”みたいな感じ。

クリックすると元のサイズで表示します

欲しい方は下記URLからどうぞ。

http://silver.ap.teacup.com/ghost/html/condominium_02.lzh

アーカイブの名前、収録したグループの名前、共に“condominium_02”になってます。ではなぜ、本エントリの表題が独語なのかというと、対応するNゲージ製品の名前がそうだから。

FALLER N232261 Altstadthaus

上リンクのがそれ。見た目はあまり一致していないが、床面積と高さは近似するように作った。もちろん、目的はVRM→N・レイアウトプラン集でネタにするため。

要VRM4第1,2,3,4,6号。うち6号は、土台部分に“法面”を使っているのみなので、地形や他の部品で対地3mmの床を補えばなくてもいい。他は多分必須。

※VRM4無理矢理部品シリーズに関するお約束はこちらを参照。
0

2008/2/26

無理矢理ポイントマシン by 漆黒氏  VRM4無理矢理部品
漆黒氏作の無理矢理ストラクチャシリーズ。

クリックすると元のサイズで表示します
<無理矢理ポイントマシン by 漆黒氏>

欲しい方は下記URLからどうぞ。

http://silver.ap.teacup.com/ghost/html/shikkoku_point_machine.lzh

氏のレイアウトコンテスト2007参加作“貨物列車で行こう!”において、小物ながら強い印象を残した無理矢理ストラクチャをピックアップ。知ってしまうと、以降のレイアウトのポイントには配置せずにはおれなくなる逸品。

クリックすると元のサイズで表示します
<利用例>

要VRM4第1,5号。アーカイブは上スクリーンショットのように、I.MAGiCバラスと/スラブ、TOMIXファイントラックの各ポイントに合わせて配置した状態で収録しています。いずれも反位側にモーター部が来るように配置していますが、これはお好みで反転してください。

また、他の部品を使ってのポイントマシン表現もあり得ると思いますので、各自で挑戦してみてください。で、何か面白いものが出来た方は、適当な方法で公開していただいて、可能であればこのエントリにトラックバックする等して知らせてください。そしたら、ポイントマシン表現に関心のある人がどちらにもたどり着けてハッピーだと思います。

※VRM4無理矢理部品シリーズに関するお約束はこちらを参照。
0

2008/2/21

無理矢理シャレー2  VRM4無理矢理部品
二番煎じの感もありますが。

クリックすると元のサイズで表示します

単品で使うと“炭焼き小屋”といった感じ。欲しい人は以下からどうぞ。

http://silver.ap.teacup.com/ghost/html/chalet_02.lzh

製作時に意図していた使い方は、

クリックすると元のサイズで表示します

みたいに、既リリースの無理矢理バーンホフとの組み合わせで、これは、経験上、このスタイルの駅舎がこういう小屋を伴っている場合が多いような気がしたから、何じゃそりゃ。んでもって、概ねコイツの建屋部分と床面積が合います。でも、ちょっと背が足りない。

要VRM4第1,4,5,6号。うち6号は、土台部分に“法面”を使っているのみなので、地形や他の部品で対地3mmの床を補えばなくてもいい。他は多分必須。

※VRM4無理矢理部品シリーズに関するお約束はこちらを参照。
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ