2006/2/26

jrkwansai氏のVRM4EG入手の話が面白い件  誉め殺し
とりあえず読んでください、面白いので。

氏自身がリンク先のエントリで述べられているように、jrkwansai氏には「鉄道模型シミュレーター4エキスパートガイド」の拙稿執筆にご協力いただいたので、本来は掲載紙を進呈すべきところだったのですが、氏の固辞を受けまして、このような次第となりました。随分とお手間をおかけしたようで面目ないです。>jrkwansai殿

あまりこのエピソードを強調し過ぎると、ここでどなたかがボヤいておられるように「身内で盛り上がってる」と言われてしまうのかも知れませんが(あ、念のために言っておきますが、229はボクじゃないです、230氏の勘違いです)改めて申し上げておきたいことは、そもそもjrkwansai氏と私とはまったく面識がなかった、という点です。
偶然、氏が拙前著に収録したレイアウトプランを施工され、それをweblogという形で公開され、そしてたまたま私がそれに気づいた、というご縁です。しかし、このご縁がなければ、VRM4EGに収録した拙稿「VRMを活用してリアル鉄道模型レイアウト作り」は書くことが出来なかったか、あるいは書くことが出来たとしても、画竜点睛を欠いていたことでしょう。
詳しくは同記事をご覧いただくとして、その肝だけを抽出すると、VRMは単に鉄道模型レイアウトの設計ツールであるのみならず、従来基本的にはスタンドアローンな存在であったレイアウト職人の横連携を生じさせるコミュニケーションツールであり得る、ということが、単なる空理空論ではなく、こうした実例を通して証明されたことに意味があると思うワケです。この点については、jrkwansai氏にはいくら御礼を述べても述べきれないくらいに感謝しております。

続きを読む
0

2006/2/25

一番乗りはどなたですか?  誉め殺し
「誉め殺し」ではなくてその予告です。
これって殺人予告ですか?

そういう益体もない冗談はさておき。

いよいよ書店店頭にも並び出した「鉄道模型シミュレーター4エキスパートガイド」ですが、何と言っても私の個人的な関心は、同書付録CD-ROMに収録したテンプレートやgws/1.0規格自動運転化スクロールを利用したVRMレイアウト作成事例がいつ出てくるか、ということにつきます。

言うまでもないと思いますが、VRMテンプレートとgws/1.0自動運転化スクロールは独立しています。テンプレートから作ったレイアウトでなければスクロールを組み込めない、ということはありません。むしろ、テンプレートから作ったレイアウトにスクロールを組み込むのは結構大変なので(付録CD-ROM収録のガイド参照)とにかく自動運転がしたい、という方は、普通に作ったレイアウトへのスクロール組み込みをお奨めします。

工学社さんとの関係上、CD-ROMの収録物をそのままネット上に流したりするのはNG(これは、洒落にならなくなるので、本当に勘弁してくださいね)ですが、一部を組み込んだものをネットで配布したり、これらを使ってレイアウトを作る過程をネタにしてもらったり、解析レポートを書いてもらったり、といったことは基本的に大歓迎ですので、よろしくお願いします。

その代わりと言ってはなんですが、そういうことをしてくださった方については、片っ端から誉め殺させていただきますのでお覚悟を。

続きを読む
0

2006/2/21

toukaidou211氏が超期待できそうな件  誉め殺し
先日のVRMユーザーオフ@名古屋での会話から。

「・・・何ちゅーか。」
「なになに?」
「名古屋でオフ会やのに、なんで関西の人ばっかりなん?」

※ 参加者8名中、5名が関西から遠征(笑)

「なんでやろな。」
「しかしアレやね、VRMユーザーは西高東低やね。」
「そやな。関東の方で盛り上げてくれるユーザーおらんな。」
「いやいや、toukaidou211くんがおるやんけ!!」

と言うことで、このたびめでたくフテーキ日記がblog化されたようなので、祝電代わりにトラックバック1番ノリをしておくことにする。いや、ぶっちゃけ、今までのは面白いのに読みにくかった。もったいない。今後の展開に大いに期待しております。

しかも、何やらWebのトップページには、氏の手になるVRMテンプレートと思しきスクリーンショット。言うまでもないが、VRMテンプレート構想は拙者の専売特許でも何でもないので、こういう試みは大歓迎である。
先にも述べたが、VRM4EGにVRMテンプレートを収録したのは、I.MAGiCの中の人に、ユーザーが対価を払ってでもこの機能を欲することを証明せんとしてのことである(いや、証明できるかどうかはまだわかりませんが)。
しかし、それだけでは不十分で、有り体に言えば、テンプレートを作るユーザーが拙者しかいないのであれば、テンプレート機能をVRMに実装する意義はないに等しいのだ。なので、この構想を実現するには、テンプレート利用者の声と同時に、テンプレート作者として名乗りをあげて下さる猛者が欠かせない。そういう意味で、toukaidou211氏の参戦を心から歓迎します。

で、

続きを読む
0

2006/2/19

VRMユーザーオフ@名古屋開催  誉め殺し
2006/2/18(日)、VRMユーザーオフ@名古屋が開催された。参加メンバーは以下の通り。

はやぶさ氏
はやたま氏
シティーライナー氏
快速特急INAJI氏
ちびて氏
たいし氏
なっかん氏
ghost

(順不同)

詳細は、上記諸兄の手になるレポートを待つべし。まずは、無事故大成功を寿ぎ申し上げるとともに、今回のオフ会のキッカケを作ってくれたちびて氏、主催者として無事故運営に尽力されたはやぶさ氏、そして急用により参加が叶わなかったものの、今回の企画立案の功労者であるRYOMA氏の功績をここに讃えます。お疲れ様でした。

さればで御座る。
拙者より申し上げるべきことは、ただ一言。

続きを読む
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ