いつか逢える日まで  我が家のにゃんず

先日、11月1日は
姫ちゃんの四十九日でした。

ちゃんと虹の橋に辿り着けたかな?
スローでヘタレな仔だから、どこかで迷子になっていないか・・
朝からそんな事ばかり思っていました。

クリックすると元のサイズで表示します



可愛い可愛い姫ちゃん
おしとやかで控えめで臆病で、
でも勇気もある大和撫子さん

クリックすると元のサイズで表示します



万事、
他の仔に譲ってしまって自分は後回し

クリックすると元のサイズで表示します




そんな姫ちゃんに
私は甘えてたんじゃないかと後悔しています

クリックすると元のサイズで表示します





他の3にゃんは
自分が自分が・・・って押しが強い仔だったので
姫ちゃんはいつも後方にいたような

クリックすると元のサイズで表示します



自己主張するのは、
私の手が届くとき
他の仔を撫でている時、必ず
姫ちゃんも撫でて〜〜と慌ててやってきて
じっと見上げてる

その様子が可愛くて愛おしくて
その姿ばかりが想い出されます。

クリックすると元のサイズで表示します



本当にいい仔だった
もっと我がままで自分勝手でいいのに
にゃんこって普通そうでしょう

クリックすると元のサイズで表示します



姫が我が家に来ることは運命づけられてたような気がします。
神様が煌と同じ生年月日という印を付けてくれてたんだものね

クリックすると元のサイズで表示します



姫がいない
何処にもいない
朝晩、ドスンドスンと
階段を下りてくる足音が聞こえなくなってしまった
さみしいね

クリックすると元のサイズで表示します


4にゃんが元気でいたあの頃に
1日でいいから1時間でいいから
戻りたいなあ〜

クリックすると元のサイズで表示します



叶わぬ夢だけれどね



クリックすると元のサイズで表示します




AutoPage最新お知らせ