システィーナ歌舞伎  舞台

今日はにゃんにゃんにゃんの日ですが
何にもやってないね〜



うちは毎日がにゃんこの日なので・・・という
お馴染みの言い訳をしておきます(・∀・;)

クリックすると元のサイズで表示します
    あららら・・・なんだか凛々しいわ


先日バレンタインに頂いたチョコのリボンが可愛かったので
嫌がる女子と男子の頭に乗っけてみました。

クリックすると元のサイズで表示します




なんだか、幸ちゃんの方が
クリックすると元のサイズで表示します




リボン似合ってる・・・
クリックすると元のサイズで表示します



・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


先週の土曜日に
大塚国際美術館へ行ってきました。
ここは世界25ヶ国・190余の美術館が所蔵する西洋名画1,000余点を、
オリジナルと同じ大きさに複製し展示する陶板名画美術館。

・・・・ですが名画鑑賞に行ったわけではなく
システィーナ礼拝堂を再現したホールで
毎年上演されている歌舞伎を見るためなのです。



演目は 美女と野獣 La Belle et la Bete

クリックすると元のサイズで表示します


今年で七回目ですが、
山田太郎2号さんがチケットを取ってくださって
初めて観る事が出来ました。感謝(≧∇≦)♡

まあ、普通の歌舞伎じゃあないんですけど
弾けてるというかなんでもアリの舞台です
元々歌舞伎は「傾く」からきてますから


クリックすると元のサイズで表示します


ミケランジェロの天地創造の前に舞台が設えてあります。

クリックすると元のサイズで表示します


上演中はもちろん写真撮影はNGなので
クリックすると元のサイズで表示します



代わりに、煌っちの藤娘・・・('◇')ゞ
クリックすると元のサイズで表示します



姫ちゃんの鷺娘・・・(;^_^A
クリックすると元のサイズで表示します




やっぱりラブリン事、片岡愛之助は芸達者!
女癖はどうあれ、さすがに上手いわ
中村壱太郎さんの女形も品よくとても良かったです

ストーリーはご存知の通り、美女と野獣なんだけど
洋と和のミックス

獅子の髪洗いは迫力でしたが
チュチュ着た妖精やメイドさんまで出てくるわ
洋装と和装に違和感ありまくり
最後の挨拶は皆でツーステップで踊るわ



凄く楽しかったんだけど、あの野獣の被り物だけは
   クリックすると元のサイズで表示します
ちょっと何とかならんかったのか
シリアスな場面で笑いを堪えるのに苦労したんです。。。(o_ _)ノ彡


お店も楽しかったです
どら焼きしか買わなかったけど(*´艸`)

クリックすると元のサイズで表示します



この美術館はお勧めです
もちろん全部陶板のニセモノには違いないけれど
本当に克明に再現してあるし

写真撮り放題、触り放題(なのか?)
見応えあります。
日本で二番目の大きさなので一日で全部観るのは無理かも
だからいつもピンポイントで廻ります。


歌舞伎が終わった後、ちょっとだけ鑑賞
やっぱり、ダウィンチのコーナーへ行っちゃいますね


モナリザ
クリックすると元のサイズで表示します



岩窟の聖母
クリックすると元のサイズで表示します


ヨハネ
クリックすると元のサイズで表示します



最後の晩餐(修復後)
クリックすると元のサイズで表示します


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


昔、こんな事して遊んでたな〜♪

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ