2011/9/22

『ラビット・ホラー3D』  映画

台風はまたまた通り過ぎた。映画館に行くのがばれないように、
「ちょっと出かけてくる。」と娘に言ったら
「川、見に行ったらあかんで。」と念押しされた。
そんなことするもんか、と返せない。前科があるもんで。

小学校の図書室に務めるキリコ(満島ひかり)は子供の頃の出来事が
きっかけで言葉を発することができない。母親の違う弟・大吾(渋谷武尊)は
学校の死にそうなウサギをたたき殺したことから不登校に。
ある日二人で見に行った3Dのホラー映画から飛び出たウサギのぬいぐるみを
大吾が持ち帰ったことから、大吾の様子がおかしくなる。


キリコは父親(香川照之)に筆談で訴えるんだが取り合ってくれない。
妻を二人も喪った彼は絵本作家の仕事に逃げ込んでいるのだ。
母親がいなくて父親は仕事漬け、心の弱い姉弟を守る人のいない家庭。
この家族、崩壊してるんだわ、困ったもんだわ、
お姉ちゃんが頑張って弟を助け出さなくちゃ、と思ってるとちょっと違う。
この映画ホラーだったのだ。いや、それはタイトルに書いてるんだけどね。
オカルト・ホラーではなく、サイコ・ホラーなのだ。

ウサギの着ぐるみに別世界に引きずり込まれると言った、
一見『不思議の国のアリス』風なんだけど。
過去の不幸に囚われて生きる父娘が悲しくて。
人は決してそれを封印し忘れてしまうことができない。
満島ひかりが目の下に隈を作り、やつれていく様子がリアル。

怖いぞ。怖いぞ。3Dだからきっと何か飛び出してくるぞ。
と身構えていたが、あんまり心臓が止まりそうなシーンはなかった。
せいぜい肉片が一ケ右下に飛んでったぐらいで。
立体的なのは主にウサギちゃんのぬいぐるみとか、
羽やタンポポの綿毛が飛ぶ様子や水の泡のぶくぶく具合といった、
きれい系なファンタジーっぽい表現に生かされている。
却ってそのことが寂しさを誘ったりする。
二人が映画を見るシーンも丁度お客の入り具合が同じだったので
その場に同席しているような感覚だった。
…3D映画見てあんなに大騒ぎする人がいたら本物のホラーだけど。



http://rabbit-3d.com
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ