2011/10/21

秋に見た映画  映画

ついつい怠け癖が出てしまって、映画を見ても感想文が書けない日々。
このままでは確実にボケる!覚えてるうちになんとかせねば…。

『未来を生きる君たちへ』
デンマーク。いじめられっこの息子。アフリカで医師として働く父。
不条理な仕打ちを赦すのか、復讐するのか。

デンマーク人とスェーデン人の仲の悪さにまずびっくり。
どの国でも歴史が古くなるといろいろあるようで。

『探偵はBARにいる』
北の大都会・ススキノ。
バーを事務所代わりに入り浸る探偵の元へ謎の女から仕事の依頼電話が。
簡単に終わるはずが、命を狙われるハメになる。

ハードボイルドのはずなんだが、主役が大泉洋なんでついお笑い系に。
相方のアルバイト運転手が松田龍平なんで完璧なボケツッコミも成立せず。
北海道の人が見たらご当地色満載でさぞや楽しいこだろう。
雪国の乱闘シーンはアスファルトやコンクリートの上とは全く違ったものに。

『黄色い星の子供たち』
1942年、フランス。
ユダヤ人の一斉検挙が行われ、その中には幼い子供たちも含まれていた。

犯罪者でもないのに検挙ってなんだよ。
ナチに協力した期間があったことはフランスにとって、恥ずべき歴史であろう。
そして多くの市民がそれに反し、ユダヤ人を守ったことは誇りであろう。

『はやぶさ/HAYABUSA』
昨年大号泣した小惑星探査機・はやぶさの帰還。
そのミッションに携わった実在の人物たちを忠実に再現。
唯一架空の役柄、竹内結子は謂わば「はやぶさ君」の代理人。
「ただいま」と地球に挨拶しながら燃え尽きていくCGに涙。

『一命(2D)』
困窮した浪人が裕福な武家屋敷で切腹を申し出、金銭をせしめる「狂言切腹」。
伊井家は訪れた若侍に狂言を許さず切腹を強要。しかし彼の刀は竹光だった。

父親が市川海老蔵、娘が満島ひかり、娘の夫で元上司の息子が瑛太。
年齢が近すぎるけど、若気の至りでできちゃった子ならそんなもん?
この3人がとんでもなく貧乏で不幸。なのに3人とも自分が悪いと思ってる。
デモをしても一揆をしても切腹してもこの国の格差はなくならない。
3Dを意識した奥行きのある画面になっていたけど、アナログ人間は2Dでも想像力で可。
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ