2012/9/17

敬老は修業  映画

母親の好きそうな映画が上映されるので悩んだ。
『いわさきちひろ〜27歳の旅立ち〜』http://chihiro-eiga.jp/
いわさきちひろ?好きだったっけ?誘ったら見に来るかな?耳悪いけど聞こえるかな?
敬老の日だからと言う訳ではないけれど、御機嫌伺い代わりにメールしたら
どうやら大ファンだったらしく二つ返事でやって来た。

四条烏丸・地下鉄駅真上の映画館ロビーで待ち合わせしたのだが…。
30分前「今、仏光寺通り。」
あ、それは行き過ぎだから北に戻って。
「どっちが北かわからへーん。」
その辺歩いてる人に訊きなさい。
15分前「烏丸五条まで来てしもた。」
四条まで戻って!
「どうやって行くの?」
北に向かって歩く!
「どっちが北かわからへーん。」
太陽の出てる方が南だ!

京都の町で迷子になれるなんて、とんでもない特技だ。
30分間私は烏丸通を走り回り、タクシーに乗った母と行き違いになり、
足と靴をボロボロにした結果、1分前にやっとロビーで落ち合うことができた。
私はな、いわさきちひろなんて好きでもなんともないんだぞ。
でも映画誘っといて、自分は隣のスクリーンで別の映画見ますってのは、
普通ではないよね、一般的でないよね、常識ある社会人のすることじゃないよね、
と家族会議の多数決で決定したのであった。
あー、アルゼンチンのサスペンス映画が見たかったなっと。
映画はやっぱり一人で見るもんだなっと。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ