2009/4/14

『告白』  

『告白』湊かなえ 双葉社
これほど書店員の支持を集めた作品は珍しいのではないかな?
発売の1ヶ月前から、これタダでもらってええのんかと躊躇するような
立派なリーフレットが販促用に積まれていた。
文面によると、書店員から単行本化を望む声が多く挙がり実現の運びとなったとか。
で、この度めでたく本屋大賞受賞となりました。ぱちぱちぱち。
私はと言えばそのリーフレットを見、こりゃー読まなと決意。
発売直後に図書館に予約を入れ、順番待ちに半年。
読み出してから読み終わるまでは3時間。どこぞのテーマパーク並みである。

中学1年生を担任する森口悠子。
辞職を前にした終了式の日、クラス生徒に語り始める。
「私の娘を殺した犯人はこの中にいる。」と。


全5章からなる関係者5名(森口、少年AとB、学級委員の女子、少年Bの姉)の
モノローグで構成。「告白」ですね。
愛娘を喪ったシングルマザーが如何にして復讐を果たすか。
一旦は夫(内縁)に「憎しみを憎しみで返してはいけない」と阻止されるが・・・。

近年国内で起こった、特に神戸市や光市での少年による犯罪が、
これほどまで日本人の心に影響を及ぼすとは。
何故人を殺すのか。何故殺してはいけないのか。
犯罪者に更生の機会を与えるべきか。死刑は容認されるのか。
突きつけられた問題に、社会として正解は出されていない。
人、それぞれの立場で答えは違うだろうから。
良識のある人、常識のある人、そのどちらもない人。
性善説の人、性悪説の人、人間そのものを信用しない人。
私はいつも「最大の償いは苦しみながら生きること」説を主張。
まさに主役の女性教師・森口はそのような状態を作り上げてしまう。
法律上、彼女はどんな罪に問われるんだろう。
母親の恨みは怖い。

逆に少年AもBも異常に母親への想いが強すぎる。
エディプス・コンプレックスなら父親を追い越せばよい。
しかし敵対すべき父の存在がなかったら?
敵対心は社会に向かうのか?父性の不在が原因なのか?
我家は親戚中、女だらけなんで少年の気持ちは理解しがたい。
0
タグ: 湊かなえ



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ