2007/2/6

月1図書館・同時進行  

いやな夢を見た。
「ブログにきれいごとばっかり書きやがって。かえるの正体知ってるぞ。」
ケータイにメールで長々と嫌がらせを送ってきたヤツがいる。
誰?共有所有者である私と娘は除外。
ケータイのアドレスを教えているのは夫、姉、父、それにTSUTAYAとヤマダ電器。
このうち生の「かえる」を知ってるのは?おお。ついに閉鎖の危機か?
しかし閉鎖すると私が「かえる」であると認めることになるな。
どうするべぇとのた打ち回って目が覚めた。もうしばらく続けられるかな。

本日のお持ち帰り
『魍魎の匣』京極夏彦 講談社文庫・上中下巻
今年の秋に映画公開決定!
『姑獲鳥の夏』を見て、「シリーズ化してくれー」と願ったのは私だけではなかったらしい。
前回永瀬正敏だった関口君は椎名桔平に変更だと。

『チーム・バチスタの栄光』海堂尊 宝島社
第四回「このミステリーがすごい!」大賞作品
1章ごとに日付が打ってある。
1章目は2月4日、19章は2月28日、20章は最終章で後日譚。
ふっふっふっ。
これを毎日返却日までちまちま読んで行けばリアルタイムで楽しめるではないか。
図書館のお姉さん、ちょうどええ塩梅で確保してくれておおきに。
お礼は一人前の貸し出し人に言うべきか。
0

2007/1/21

『憑神』を読んでる場合じゃない  

娘よ、頼むから受験勉強を放り出して浅田次郎を読むのは止めてくれ。
「だって、面白いねんもん。」
あんた榎本某のファンだったからなぁ。
「武揚。何故だかここでは幼名で出てるけど。」
あぁ〜っ、結局全部読み切ってしまったのか。
「だらだらしてキリのいい所がないから、つい。」
連載小説だったから「次回をお楽しみに」って感じに続いていったんやろうな。
「ほんで、主人公はその後どないなるん?」
○○の身代わりになって、侍たちを率いて、××と決戦に臨んで、
歴史の礎となる決意をしたのだよ。ま、いつもの浅田節だな。
「いつもそうなん?」
多かれ少なかれ。

いつもはその浅田節でも充分泣けるのだが、
今回は主人公が徳川家に義理立てしてるので、
関西人としては感情移入できないのであった。
も一つ気になる箇所は「夜四ツ、南天に眉月がかかっていた」と書かれていること。
夏場なので「午後10時過ぎ、南の空に月齢2〜3(あるいは25〜26)の月が見える」
・・・はずがないやろっ!
百歩譲ってその日が月食だったとしても、
翌晩も「夜四ツ半(午後11時)に眉月」とはどーゆー了見でえ。
「だからぁ、それは現実にはあり得ない幻想的な状況を描写してるんだよ。」
そおかなあ。。。
映画ではここの件は飛ばして欲しいもんだわ。
0

2007/1/11

月1図書館・めざせ完読  

先月借りた『半島を出よ』は結局読みきれなかった。
年末はのんびり本を読む時期ではなかった。反省。春になったら再度挑戦だ。
で、今月はちゃんと返却日までに読み終えるよう軽い目の本を。

『グラン・ヴァカンス』・『ラギッド・ガール』 飛浩隆 早川書房
 廃園の天使シリーズ2冊。
 ネット上に開設された仮想リゾート<数値海岸>が舞台。
 どことなく『マトリックス』的?
 毎日PCで遊んでる身には決して仮想ごとでないよね。

『恋愛映画館』 小池真理子 講談社
 恋愛映画だってぇ〜。私の一番苦手なジャンルやん。
 古今東西の男女優、全部で24名が紹介されてます。
 てな訳でお勉強用でございます。

『憑神』 浅田次郎 新潮社
『となり町戦争』 三崎亜紀 集英社 
 両方とも今年公開される映画の原作本。
 本を読んで映画を見た気になろうかと思ったけど、
 逆に原作がおもしろかったら映画を見たくなるかも。
 『となり町・・・』は映画向きのお話かな。

今月の目標は「めざせ完読」でございます。
0

2006/12/5

月1図書館・シトラスの香り  

図書館のネットサービスがおもしろくて、調子の乗って次々予約をかけたら
今月一度に貸し出し順位が回ってきた。

今日のお持ち帰り
『ナイロビの蜂(上・下)』ジョン・ル・カレ
春に見た映画の原作。原作が読みたくなる映画って、それは作品として大成功なのでは?
映画は夫婦の愛情が描かれた趣深いものだったけど、原作は推理小説っだったんだ。
製薬会社の陰謀も外交官の悪徳もフィクションで「ほっ」。
映像で表現されると現実味があるのよねぇ。

『ロリの静かな部屋―分裂病に囚われた少女の記録』ロリ・シラー&アマンダ・ベネット
17歳で発病した(今は統合失調症と呼ぶんだな)女の子の自叙伝。
『「待つ」と言う事』鷲田清一
この2冊はネットで紹介されていて、いっちょ読んでみるべぇと挑戦。
周りの人に影響を受けやすいタイプなのかもしれない。

『半島を出よ(上・下)』村上龍
返却日までに読めるのか?年末年始だぞ?主婦が一番忙しい時期だぞ。
一週間に1冊のペースでどうだ!

図書館で借りてきた本やTSUTAYAの青い袋に前の人の部屋の匂いが残ってる事があって。
あまりにタバコ臭い時は本に向かってファブリーズを撒いたりするのだけれど。
今読んでいる本はグレープ・フルーツのような柑橘系に
僅かにフローラルの混ざった女性用の香水の香り。
OLさんがバッグに入れて通勤電車で読んでたのかな、と想像してみる。
0

2006/10/3

月1図書館・ネットで予約  

京都市図書館は今年に入ってからネット・サービスを始めていたのだが、
パスワードを登録しただけでそのまま利用してなかった。
夫からリクエスト『赤々煉恋』(朱川湊人・東京創元社)、
娘からリクエスト『都会のトム&ソーヤC』(はやみねかおる・講談社)を
受けたので、ネットで予約してみた。

検索すると何人予約待ちしているか表示され、確保できるとメールでお知らせが来る。
受け取る図書館(もちろん京都市立の)の指定も可。
今までは直接図書館で申し込み、電話で連絡をもらっていた。
この方法だと受け取り忘れがないのだが、ネットで申し込むと
「予約した本取りに来ました」とカウンターで自主申告しないといけない。
忘れてると流れてしまうのよー。忘れるよ、きっと。

今日のお持ち帰りは上記2冊の他に
『蹴りたい背中』(綿矢りさ・河出書房新社)京都の生んだアイドル作家の芥川賞作品。
『びっくり館の殺人』(綾辻行人・講談社)ミステリーランド・シリーズ且つ「館」シリーズ。
 一冊で二度おいしい?
『怪盗グリフィン、絶体絶命』(法月綸太郎・講談社)こちらもミステリーランド・シリーズ。
 この題名なんとかならんか。いくら子供向けでも。
 綾辻氏と法月氏は京大推理小説研究会のご出身。
 うちのバカ娘も綿矢りさはムリでも研究会くらい潜入できんかな。
 (京大生でなくても入れるらしい)

『ライオンと魔女』(C.S.ルイス・岩波書店)
『老人と海』(ヘミングウェイ・新潮文庫)この2冊は余興に娘が読むかと思って。
 夫に「オレ持ってるで」と言われてしまった。
0

2006/7/24

課題図書を捜せ  

バカ娘は自分が崖っぷちに立っているという認識がない。
夏休みの間に読書感想文2000字を書かねばならんのだ。
とりあえず、ネタ本を仕入れるために図書館へ。

本棚の前で娘から預かったプリントを見てびっくり。
これぢゃないのよー。これはコンクールの募集要項だよー。
京都市の中学校の先生方がみんなで相談して決めた推薦図書の一覧があっただろ。
100冊ほどずらずら〜っと並んでるプリントが。もおっ!牛になってやる!
図書館の中にそれと思しきコーナーがあったので、
中学生っぽいのを一冊選び、家に電話してリストに載っているか確認した。

石田衣良『4TEEN』
14歳の男の子4人組みの友情・冒険物語。
あれ?それってひょっとして『スタンド・バイ・ミー』?
舞台は現代の日本なので、もっと社会性に富んでるけど。
おーい、娘、あんた『スタンド・バイ・ミー』見た?
「歌ってみて。」
♪ふぇん ざ なーいと はず かーむ・・・私の歌で分かるのか?
「わかった。男の子たちが線路の上歩いてく映画やろ?」
覚えているなら話は早い。その線でアプローチしてみよう。
1人では無理でも2人の脳みそを合わせればなんとか書けるだろう。

私用にも何か借りたかったのだけれど、読みたい本は全部貸し出し中だった。
ヤケを起こして借りたのは、講談社ミステリーランドから
西澤保彦『いつか、ふたりは二匹』田中芳樹『ラインの虜囚』
ファンタジー・ブームの次は絶対ミステリーだと睨んでたのだが、まだ来ないな。
理屈っぽいのは嫌われるのかな。

吉村萬壱『ハリガネムシ』2003年の芥川賞作品。
大阪朝日放送のTV番組「探偵!ナイト・スクープ」で
ハリガネムシを捜してた回があったな。
ハラビロカマキリに寄生する黒い針金みたいな虫で、
カマキリのお腹を水に漬けるとウニョニョニョニョーッと20cmぐらいのヤツが・・・
あー、自分で書いてて気持ち悪い。
作者プロフィール欄を見たら娘の学校の親大学のご出身だった。
0

2006/7/4

月イチ図書館・7月  

狭くて蒸し暑い図書館バスの中を叫びながら鬼ごっこをする小学生。
私のドスの効いた「う〜る〜さ〜い〜」の声は彼らの耳には届かなかった。
学校側に苦情の電話を入れるべきか?

この学校の小学生、ほとんどの子が図書館バスを覗き込んでは
「わー、本がいっぱいあるー。」と呟きをもらす。
なんだ?君ら学校の図書室に入れてもらってないのか?
まさか司書が確保できないので閉鎖してるとか?
うーん、それなら図書館マナーを学ぶ機会も得られないよなあ。
(毎年PTA会費から学校図書費に繰り入れしてるのに)

本日のお持ち帰り
『代行返上』幸田真音
  企業年金基金が資金運用をやめちゃったら、のシュミレーション。
  そんな大事になるとは露知らず・・・。
『窓際の死神』柴田よしき
  島野と言う名の死神さんが女性に取り付く話。2話入り。
『殴り合う貴族たち・平安朝裏源氏物語』繁田信一
  自分は1459歳だと主張するバカ娘用。
  平安時代の素行の悪い貴族たちのゴシップ集。
『まっぷるマガジン・石垣・宮古・西表島』昭交社
  夏だ!バカンスだ!南の島だ!

最近涙もろくなったようで、映画の予告編をみてはウルウル、本編を見てはグズグズ。
先月借りた『黄泉がえり』を読んだ後はビービーでした。
これと言うのも日常生活がサハラ砂漠の如く乾ききっているからに相違ない。
(↑年のせいではないと言いたいのだ。) 
0

2006/6/6

月イチ図書館・6月  

クリックすると元のサイズで表示します月に一度の移動図書館の日。

今月はまだハリー・ポッターを読み終えてないので4冊だけ。
日常の雑務が多くてファンタジーの世界にのめり込めない。
これが大人になるってことなのね!
どんどんボリュームが増していくのでお付き合いするのが大変。
しかしあと一息だ!次はいよいよ最終巻だ!
『高瀬川』平野啓一郎
数年前に『日蝕』を読もうと試みて敢え無く撃沈した。
「三島由紀夫の再来」だぁ?三島の方が格段読みやすいって。
単語は理解できるが、作者のイメージした情景を文章として大脳の中に再構築できない。
そんな経験は初めてだった。今回は短編集だから大丈夫かな?
新作の『顔のない裸体たち』も読みたいんだけどなぁ。

『少女@ロボット』宮崎誉子
こちらは正反対。若い女の子が主人公でウダウダした分かりやすい文章。
こういうのが分かり易いって、頭がバカ娘レベルに落ちてるんだろうか。
精神的に若い、のでは決してないはず。

『黄泉がえり』梶尾真治
大ヒット映画の原作。私が借りた本は全部娘も読むので喜ぶかと。
でも草薙君役は原作にはないのね。知らなかったわー。
親が読んでおもしろくて、子供がよんでも大丈夫って本はなかなか捜せないのよね。

『京都のおいしいケーキ屋さん』ペンハウス
おいしそうだ〜。食べたことのあるお店が3分の1。
名前を知っている(つまり機会があれば食べてやろうと手ぐすね引いている)お店が3分の1。
全く知らないお店が3分の1。今度はあのお店でスフレを食べるぞお!
0

2006/5/21

がんばれ・おやじたち  

クリックすると元のサイズで表示しますうちの学区にも「おやじの会」なるものが発足したらしい。
PTAや子ども会は母親が中心になるので、男たちも子供のあるなしに関わらず地域ぐるみで子供を育んでいこう、という趣旨のグループである。
数年前から他の学区では活動していて、学校の運営にも口を挟むものだから、そこの公立小学校は全国トップレベルの学力を誇るようになっていたのだった。
さすが違うわねぇ、うちみたいなマンションだらけの地区じゃ無理よねぇ、と思ってたら知らないうちにちゃんと動き出してらっしゃいました。
とりあえず、来週は古本市を開くそうだ。
自治会の掲示板に「要らない本があったらご協力を」と書いてあったので、
我が家からも数冊学校に持って行った。

『ぶきっちょママの離乳食1〜4(主婦の友社)』
当時はお世話になったのよー。親戚に赤ちゃんでもできたら譲るつもりだったのに、
折からの大少子化、しかも特に出生率の少ない地域なもんで今まで本棚で眠ってました。
『小学校の「苦手な体育」を一週間で攻略する本(PHP)』
『苦手な「作文」がミルミルうまくなる本(同)』
『苦手な「絵」がミルミルうまくなる本(同)』

この三冊、読んで実践してみてどうなったかと言うと…どうにもならなかった…。
結局、実技・芸術系は本人の才能とやる気が重要で
親がどうこうできるもんじゃないと思い知らされたのでした。
『土木の絵本・近代土木の夜明け(財・全国建設研修センター)』
田辺朔朗(琵琶湖疎水を作った人)の映画を見に行ったら配っていた。
ハードカバーのしっかりした子供向けの絵本。映画自体も無料だったのに。
これってあの有名なガイカクダンタイってヤツですか?明らかに無駄遣いだ!

他の人が出してる本を覗いたら大人向けのしっかりした文芸書が多かった。
盛況だといいけど。たぶんたくさん売れ残るんじゃないかと思うんだ。
でも負けるな!おやじたち!町内の平和は君たちの腕にかかっているぞ!

0

2006/5/19

『HarryPotter』+アルファ  

クリックすると元のサイズで表示します『HarryPotter』を買ったら予約特典にカバンが付いてきた。静山社さんからもらえる緑色のとは別に、購入した書店からの分である。
つまり、それって、重なってますやん!

こういうのは書店と出版社の間に広告代理店が入って
「次のノベリティはこんなんどうでっしゃろ〜?」
とか手をモミモミしながらお勧めするんですかね。

特製トートバッグとポスターにあったので
ちょっと期待してたんだけど。
プリントはきれいなのだが肝心のカバン本体が
ペラペラの不織布で本屋から本を持ち帰る以外に
使い道がなさそうだ。
娘「7&iならブックカバーがもらえたのに。」今更言うなっ!
いつも「おまけなんかいらん」言うてるやないか!
まあ七巻目はコンビニも調べてから予約するよ。
そおだ。このカバンどーせ使わないんだから鋏でチョキチョキ開きにして
ブックカバーに仕立て直せばいいんじゃない?
上下巻2冊分は取れないけど。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ