2012/1/9

成人の日おめでとう  教育

今日は成人の日。うちの一人娘も二十歳だが、成人式には参加しない。
親としては別にかまわない。
私も二十歳の時には住んでいる市の式典に参加して
有名歌手のコンサートを聴かせてもらい記念品をもらった。
でもあんまりいい思い出のあるものではなかった。
夫は弓道部だったので、当時成人の日に行われていた
三十三間堂の通し矢の儀に出ていたらしい。
娘は冬休み中せっせと宿題のレポートを書いており、式どころではないみたいだ。
だから我が家はのんびり…ではなかった。

娘と同い年の姪っ子が12月の中旬、確か20日に母から話を聞いた時には
「成人式には出ない。卒業式にも着物は着ない。」はずだったのに、
その一週間後、暮も押し迫った12月27日に
「やっぱり行く。おばあちゃん、振袖の用意しといて。」と宣言した。
姪っ子の母、つまり私の姉は再婚相手のいるLAに行ってしまい、
いつ帰ってくるんだか、そもそもいついなくなったんだかわからない状態。
母のSOSの電話が我が家に連日かかってくるのだった。
「かわいい和装バッグ持ってへん?」
うちにはシミが付いて口金が錆びた30年前のボロイのしかありません。
「かわいい半襟持ってない?」
11月に既に渡してある。姉のヤツ付けずに行ってしまったのか。
「そんなんどこに置いてあるのかわからへん。」
失くしたらどつくぞ…。そして当の本人の姪っ子も
年末年始、父親側の家に一週間滞在するため出て行ってしまった。

お正月。取り敢えず使えそうな小物類を実家に届けにいく。
そうそう、うちの娘は「来んといて」と訪問を断られた。
一緒に必要なものと要らないものをチェックしたり、帯締めのお手入れをしたり。
成人式当日は美容院が込み合うから帯の締め方やヘアスタイルの
希望があれば写真や雑誌を持っていくといいよと伝えておく。

実家には髪飾りがなかったので、
そもそもヘアスタイルが決まらないと髪飾りも決まらないので、
家にあった髪飾りを写メに撮ってこんなんやったらあるよと母に送った。
1月3日の昼過ぎだった。
夫の休みはカレンダー通りなので次の日からは仕事だ。
家族でおやつでも食べて美味しいコーヒーでも淹れようという時間に母から呼び出された。
「今から髪飾り持って来て。」
最寄駅までなので歩いて片道20分ぐらいなんだが。
なんで私が。
世の中間違ってるぞ。
玄関先で呟いてたら娘に「ちゃんと口に出せば?」と言われた。

世の中間違ってるぞ。
髪飾りはすべて私が娘のために手作りしたものだ。
娘の好みやその時着る着物の柄や色、季節に合わせて何日もかけて。
そうだガツンと言ってやる。
たまたまうちの娘が成人式に出ないって言うからこうやって姪っ子の支度に付き合えるけど、
ホンマやったら我が家だって今頃は成人式の準備でバタバタしてるはずなんだからね!
が、母の反応は「スーツ着て行ったらええやん?」
こいつら全員間違ってるぞ!
なんでうちの娘が!
私が娘のために揃えた大事なものを貸してあげてるのに!

その後も母からの電話は続く。
「家にある草履が全部小さくて入らへん!」
「今日の6時までに美容院に荷物持って行かなあかんのに、帰って来えへん!」
(↑この連絡があったのは午後5時半。本人は大阪に遊びに行っていた。)
姉はまだ帰ってこない。
0

2010/12/14

落ちたわねっ  教育

今日は先月あった日商簿記試験(三級)の合格発表の日だった。
午前10時にネットでも合格番号が公開された。
…ない。
落ちたわねっ!
落ちたのはもちろん、うちのバカ娘だ。私ではない。
私は20年前に優秀な成績で一発合格している。
(↑自分で言わないと誰も褒めてくれない)

ことの始まりは今年の四月に娘が大学に入学したとき。
教職課程を履修しないと決めたことから。
「中学生相手に教育実習なんてとんでもない。」そりゃもっともだ。
では博物館学芸員か図書館司書の資格でも取っておくように言ったのだが、
何れも文系学部向けの履修内容になっていたので負担が大きくそれも諦めた。
ならば。学生時代に取れる資格はできるだけ取っておけい!と号令。
その第一弾が今回の簿記三級だった。

少子化の波をモロに被った我が家の娘。今のところ跡取り娘である。
夫の親は自営業なのに現金出納帳もつけられない状態。
何かあったらすぐに手伝えるように。何かあっても食いっぱぐれないように。
三級なら中学卒業程度の学力でOKのはずだったんだが。

どうやら娘の頭脳は中学2年で成長を止めたようだ。
夕方早速不合格通知が郵送されてきた。
合格率は40%。合格点まであと3点だった。
不合格通知なんて大学受験の時にババ抜きができるぐらい
山ほどもらったわよ。もう見たくもないわよ。
次の試験は来年の2月。受かるまで受験し続けろ。
受験料2500円は来月の小遣いから引いておくからね!
0

2010/11/15

家庭内IT格差・その2  教育

母親が騒いでいる。「○○ちゃんがパソコン買い替えた!」
○○ちゃんとは私の姪っ子。姉の娘。
今年の春から実家に居候している。
私が結婚するまで使っていて、その後父の書斎になった部屋を占拠し、
父の遺品のデスクトップ型PCを我が物顔で使いこなす。

「お父さんのパソコンはどうしたんやろ?捨ててしもたんやろか?」
「要らんのやったら私が練習して使えるようにしよかな…。」
まだ買って二三年しか経っていないVIStaを買い替える訳ない。
バイトしているとは言え、未成年のコムスメに。

「でも、電器屋さんからすっごい大きい箱が届いてん。」
箱があるなら箱に商品名が書いてあるやろ?
「分からへん。」
箱はどこっ!
「二階。」

斯くしてその大きな段ボール箱に大きく書かれてあったのは
「Display」の文字だった。
…これ、ディスプレイやん。
「何それ。分からへん。」
…絵の出る所。
「じゃ、お父さんが今まで使ってたのは何だったのっ!」

母は私の説明で理解してくれただろうか。
0

2010/5/13

住基カードを作ってみた  教育

悪名高い住基カード。導入されたのは何年前だっけ。
世間ではほとんど活用されてないみたいだけど、作ってみた。
だって私は運転免許証を持ってないので身分証明するものがないのだ。
健康保険証ではレンタル・ビデオ屋に入会できず、住民票を持ってったんだぜ。
ケータイを修理するときは家に電話してもらって夫を呼び出さなあかんかったんだぜ。

これはいけない。大の大人が。一人前とは言えない。
ので、原付の免許でも取ろうかと思ったのだが。
えーと、どうやって取るんだっけ、どこで試験受けるんだっけ、
昔はバイク屋の2階でよく講習会をしてたのに、
え?陸運局でテスト?めっちゃ遠いやん。免許ない人間がどうやって行くねん?

と、ぐずぐず考えている最中、区役所の窓口の人に教えてもらった。
「写真入り住基カードなら免許証と同じ扱い」
しかも発行手数料500円。
原付免許を取る夢はさっさと諦め、住基カードに鞍替えした。

ところが申し込み用紙が見当たらない。
市役所のHPではダウンロードできるようになってるけど。
区役所で「ありますか?」と尋ねると、隅っこに置いてある箱の中から
いったい何回コピーを繰り返したんだい、とツッコミたくなるような
かすかすした文字の申請書を取り出してくれた。

名前と住所と住基コードを書いて出す。
二三日で確認書が郵送される。
それと名前の確認できるものを持って受け取りに行く。


住基コードって何?11桁の。
頭を抱えていると娘が教えてくれた。
「昔市役所から郵便が届いてたやろ?」
何でこいつ若いのにそんなこと知ってるんだ?
すっかり忘れていたが、しっかり保管してあった。
私って偉い。自分で自分を褒めてあげたい。
1人に1つずつ、家族でも全く違う数字が割り振られていたんだね。

できあがったカードで早速戸籍謄本取りに行きましたとさ。
0

2010/2/20

敵なんだか味方なんだか  教育

オリンピックは受験の敵だあ!
と叫んだのは、ほんの1週間前。
うちのバカ娘のことだから勉強そっちのけで、
国籍を問わずに男前選手を応援するに決まっている。

しかし始まってテレビの前から動けなくなったのは私の方だった。
毎日のようにぱらぱらと届くぺらぺらした不合格通知を
引き出しの中に押し込み、逃げるようにオリンピック中継に熱中。
10枚貯まったら何か景品と交換してくれないだろうか。


インタビューに答える日本選手たちが、
競技生活を続けられることに感謝し、
代表に選ばれたことに感謝し、
応援してくれる人たちに感謝し、
競技コースを作ってくれた人たちに感謝し、
試合が終わってからも、
日本チームに怪我人がでなかったことまで感謝しているのを見ると、
なんてすばらしい人たちが日本を代表してくれているのかと感激する。

もう成績なんてどうでもいいから、胸を張って凛としていて欲しい。
運動が全くできない私が彼らを応援するのは、国のためなんかではなく、
満足のいく試合ができたときの彼らの笑顔が見たいから。
その笑顔には人を幸せにする力があるから。
彼らが4年間またはそれ以上努力してきたことをみんな知っている。

と、他人様のことならきれいに言えるんだが。
受験はね〜、成績がすべて。
結果が出なきゃ努力してないのと一緒だ!
佐藤信夫コーチのように、
試合に向かう選手の背中をポンと叩いて勇気づけてあげたいのに。
佐藤由香コーチのように、
失敗した選手を優しく抱きとめてあげたいのに。
0

2010/2/15

アナログの方が早い  教育

今日は滑り止め校(当初予定)の合格発表日。ネットでの公開は正午。

発表直後はきっとつながりにくいだろうと、前夜にURLをお気に入り登録。
午前中に家事を片付け、
発表を確認してからスーパーにお米を買いに行って、
夕方実家に電話して確定申告の相談して、
ちゃっちゃと晩御飯の用意をして、
夜は自治会の会合に行かなきゃ、

と、一日の計画を頭の中で立てていた午前10時。
郵便屋さんが速達を届けてくれた。
大きな封筒の合格通知だ!早いぞ!
市内、しかも学校から我が家までは下り坂だ。
ぴゅーっと飛ばせば早くて当然・・・ではないと思う。
ネットより日本の誇る逓信機構。

おそらくこれが最初で最後の合格通知になるだろう。
「これで浪人回避や〜」と娘はすっかり行く気になっている。
1流ではないけど2流と呼ぶのは失礼な1.83(←微妙な数字)流ぐらい。
本人は納得して気に入って受けてるんだけれど。
親の立場から見ると、本当にそこでいいのか〜?
学歴は一生付いて回るねんぞ〜?と心配しきり。
3

2010/1/29

1歩前へ  教育

今日は私大の入試、1校目。
受験計画を立てた当時は滑り止めのはずだったのに、
いまや「大本命」「最後の砦」と化している。

「ここあかんかったらニートになるしー。」
ニートなんて可愛い言葉でごまかすな。「社会のゴミ」と呼んでやる!
でも私はン十年前にここを落ちてるので大きなことは言えない。

国公立の願書を出してから思い出したのは
「後期日程が終わるまで諦めない」と決めてたこと。
我が家のモットーは「宝くじは買わなきゃ当たらない」だった。


受験しなきゃ通らない。
願書出さなきゃ受けられない。



思えばセンター試験の当日は、月に2日あるとってもひどい生理痛に
すっぽり重なってしまい、ちょっと可愛そうだった。
しかしそんなことを言い訳にすると女がすたる。
薬局で見かけた「命の母ホワイト」を飲ませてみると。

1日目「何か効いてるみたい。」
いつもは冷え性の手がぽかぽかしてるらしい。

2日目「この薬、やばいんちゃう?」
いつもは陰気な性格の娘が躁状態になっている。
「キャラクター崩壊の危機や〜!」
1日の服用量12錠のうち2錠しか飲んでないんだが。

こんなことならもっと早く飲ませとけばよかった。
そしたら可愛く優しい女の子らしい高校生活が送れたのに。
0

2010/1/25

ま、いっか  教育

代ゼミ「センターリサーチ」合格判定基準表の表紙にでかでかと書かれている。

受験生諸君の
 ご健闘を祈ります。
         沈着・細心・大胆


「心は細く、肝は大きく、かぁ。」
 シミは沈着。
「もう、ええて。」
 ほな、さいなら。
いつも通りのボケツッコミができるまで回復した母娘。

娘は唯一A判定が出た私大の過去問をもりもりこなしている。
1年前からそれぐらいの勢いでやってりゃ今頃左団扇だったのに。
ま、いっか。
決して一流ではないけど、講義内容は第二志望なので。

もう一校難しめの私大の入試が待っている。
ま、いっか。
両親がアホな割には上出来だ。
就職率の悪い地方国公立より企業と癒着してる私立の方が面倒見がいいかも。

合格率はどっかーんと下がるけど、国公立の願書も出しておこう。
前期と後期、17000円ずつ。
ま、いっか。
ひょっとしたら奇跡が起こるかもしれないし。

全部ダメだったら東京の大学に逃げてしまおう。
お金かかるけど。
ま、いっか。

と、開き直れるのは父の遺言もどきの中に、
娘の学費を別枠で相続させるよう書いてあったから。
もちろん、そんなモノはアテにしてないけど。
私たちだって、これまでひもじい暮らしをして
一人娘の学費を貯め込んできたんだから。
でも精神的にはずいぶん楽になる気がする。
お金の力ってたいしたもんだ。

もう、あれこれ考えるのも、くよくよ悩むのも飽きてしまった。
私も娘も父親譲りのB型だもーん。
0

2010/1/22

戦闘モードが解けない  教育

親が死んでも涙は出ないが、
娘のセンター試験の点数を見るといくらでも泣ける。
18年走り続けた結果がこの数字。情けない。


中間集計で去年より低めの平均点を確認して少し気を取り直す。
何パターンか予定していた前期日程・後期日程の組み合わせを
破棄するのか、玉砕覚悟で強行突入するのか。
予備校の資料を凝視しする。
たまに「ここ願書出してたら通ったのに」を見つけてしまう。


もうちょっと。あと1ヶ月半。一緒に走ろうと思う。
1月16日の朝から戦闘モードが解けない。
周りのお悔やみモードの連中と衝突してばかり。


死者に語りかけピーピー泣く女たちを「うざい」と思う。
そんな自分を人でなしだと思う。
0

2010/1/16

センター準備  教育

受験票 本人署名済み
HB鉛筆3本 
鉛筆削り 
シャープペンシル 
スルッとカード・トラフィカカード 残高確認済み
ハンカチ・ティッシュ 
目薬・頭痛薬 
マスク 
カイロ 
蒸気でホットアイマスク 
メガネ 
生理用品山ほど 山ほどは要らん
キャラメル・チョコレート 
ゴミ袋 
財布 
非常用タクシー代 
試験会場までの地図(ずぼらして下見してない) 
受験上の注意書き 
やる気 ない物は持って行けない
夢と希望 少しだけなら

【朝用意するもの】
いつも使っている鼻炎薬
母のにぎった紫蘇わかめおむすび2個
コンビニでお茶を買う
携帯電話


では、気をつけて。行ってらっしゃい。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ