2011/1/22

『ソーシャル ネットワーク』  映画

このブログを始めて何年にもなるが、mixyだのSNSだののお誘いを受けたことはない。
私だけでなく娘も夫もである。現実社会で友人がいないってことかしらね。

ハーバード大学2年生のマーク・ザッカーバーグ(ジェシー・アイゼンバーグ)は
恋人に振られた腹いせに酔っ払って大学のデータをハッキングし、
寮の女の子の写真を載せた格付けサイトを作ってしまう。
結果、あまりの人気ぶりに大学のシステムがダウン。サイトはすぐに閉鎖。
彼は処分を受けるが、その噂を聞きつけたウィンクルボス兄弟(アーミー・ハマー)が
ハーバード大学の学生だけの社交クラブサイトの制作を依頼する。
ところがマークは兄弟の依頼を無視し、友人のエドゥアルド・サリバン
(アンドリュー・ガーフィールド)と交友サイト「ザ・フェイスブック」を立ち上げる。


これがほんの数年前にあった実話。
その後ショーン・パーカー(ジャスティン・ティンバーレイク)と知り合い
「フェイスブック」となり、会員が数十か国で数億人と
私にはケタの分からない規模に急成長。マークは最年少で億万長者に。
そしてウィンクルボス兄弟とエドゥアルドから訴訟を起こされる。

ご本人が実在して、まだ将来ある若者であるのを考慮しても、
この主人公のマーク君、とーっても嫌なヤツである。
シャベリがとてつもなく速い。理解できない相手は頭が悪いと認識するようだ。
空気が読めない以前に他者の感情に対してあまりにも無頓着。
IT関係が得意な人の中には、時折見かけられることだけど。
逆にショーンのような自分を上回る人物の話は、何の疑いもなく受け入れる。
恋人に「サイテー」と罵られ、唯一の友人を裏切っていても、
フェイスブックがダウンしたら友達がいなくなってしまうと大慌て。
敵役のウィンクルボス兄弟の方は上流階級の家柄で、
訴訟を起こすのは紳士的ではないと逡巡する様子が人間的である。
そのことが却ってマークの孤独感を際立たせることになる。

まだ新しすぎる話なのでマークの生い立ちや感情の揺れまでは描いていない。
「今」描いておかなければ数年先にはどうなってるか知れない世界でもある。
日本でも時代の寵児ともてはやされて消えていった人が何人もいるよねえ。
あと何十年か経ってから、あの時彼が何を考えていたか、
もっと緻密に描ける日が来るといいなと思う。
http://www.socialnetwork-movie.jp/

ところでSNSてそんなに面白いんですかね。
身内だけの話やったら直接しゃべったらええやん。
て思う私はアナログな人間なんですかね。
0

2011/1/18

『彼女が消えた浜辺』  映画

カスピ海。海と言っても外海に繋がっていない湖状。
湖だが塩水だ。海水より薄いけど。ほんでもってでかい。
面積が日本の国土と同じぐらいあるのだ。

イラン・テヘランから大学時代の友人一行が
連休を利用してカスピ海の岸辺の家にやって来た。
三組の夫婦、三人の子供、出稼ぎ中のドイツから戻ってきたバツイチ男、
そして保育士のエリの計11名。ところがそのエリが忽然と姿を消してしまう。
海で溺れてしまったのか。それとも黙って帰ったのか。
エリと言う名前以外何も分からない。本名も素性もどんな人物だったのかも。
残された人々の心にさざ波が立つ。


男性は半袖姿なので気温は高いはず。しかし女性は長袖長ズボン、髪を隠す。
イスラムの国の風習なのに全く違和感がないのは
紫外線から完全防御の日本女性の姿を見慣れているからだろう。
男たちがのんびり寛いでいるときに女たちが家事に精を出しているのも
少し前の日本ではよく見かけた光景だ。
日常会話やゲームをするときに完全に男女対等なのは頼もしい。

そんな中でやっぱり日本とは違うと感じるのは海に対する感覚。
バカンスに向かう途中、川岸にはキャンプをするテントが並んでいるのに、
カスピ海沿いには誰もいない。この一行も予定していた貸別荘が使えず
仕方なく海岸の家を借りることになったのだ。
子供たちが浜辺で遊ぶのも母親たちはいい顔をせず、
大人たちは海から離れた場所でバレーボールをする。
日本なら少々海が荒れていても、嬉々としてウォータースポーツに乗り出すところだろう。
エリがいなくなって、海を探す捜索隊も30分程で引き揚げ、
「明日の朝になったら浜辺に打ち上げられるよ。」と帰ってしまう。
日本の海上保安庁さんでは考えられない諦めの早さ。
カスピ海の周囲は他の国が海岸線に接していて向こう岸は外国。
資源や水域の問題で好きなようには動けないんだろうか。

自らを守るために相手を傷つけ合う。
これも洋の東西を問わず人間みな一緒。
仲の良かった友人を。夫が妻を。親が子供を。
人が一人いなくなったことで、今までの鬱積があふれ出す。
そしてエリの兄を名乗る人物が現れ、彼女の行動の理由が明らかになる。
http://www.hamabe-movie.jp
0

2011/1/6

お正月は家で映画  映画

夫は4日が仕事始め。
お正月は1日に両方の実家に30分ずつ顔を出しただけ。
家で借りたDVDやら録画してた番組を見て過ごした。

『シャッター・アイランド』
映画館では日本語吹き替え版を見たので、今度は字幕で。
「ドイツ語なまりの英語」がどんなものか確認しておきたかった。
私の耳には…。うーん。そういう話になるのか。

『サベイランス』
残虐な殺人現場から生き残った3人の目撃者。
悪徳警官、ラリった若い女、ショックで言葉少ない8歳の女の子。
取り調べのためにやって来た男女2人組のFBI捜査官。
黒澤明監督の『羅生門』にヒントを得たミステリー、と書いてあったんだが。
最期は画面の中が血の海やないか〜!酷い!

『ハート・ロッカー』
アカデミー賞6部門受賞したとかで楽しみにしてたのに、映画館で見損なった作品。
イラクで爆発物処理を担当する米兵の話。
爆死した兵の遺品と言うか残骸を入れて本国に送り返す小さな箱が
「ハート・ロッカー」の意味だと聞いていたんだけれど。
他にもいくつもの意味がありそうな感じ。心に鍵をかけてしまったんだろうか。
若い子風に言うと、登場人物みんなに死亡フラッグが立ってますがな。

『ナイン』
フィギュア・スケートの村上佳菜子ちゃんがエキシビションでこの曲を使っていた。
「ナイン言うたら奇妙な人形が出てくるアニメやった?」と娘。違〜う。
「ほな、書けない脚本家が悩む話?」そう、そっち。
大物女優が大量に出演し過ぎて収拾がつかなくなった方だ。
新作が書けない映画監督兼脚本家が妻(美形のマリオン・コティヤール)にも
愛人(ペネロペ・クルスが下着姿で踊る!)にも
主演女優(貫録のニコール・キッドマン)にも愛想をつかれるが、
もう一度エンターテイメントに目覚めた9歳(=ナイン)の頃の自分を取り戻す。
元々舞台用のミュージカルだったのを映画にしたので無理が生じてるけど、
この映画のこんなラストは好きだ。
舞台のカーテン・コールと映画のエンディング・クレジットってそっくりやなあ。
他にジュディ・デンチ、ケイト・ハドソン、ソフィア・ローレン等。
続きを読む
0

2010/12/12

『最後の忠臣蔵』試写会  映画

日本人は忠臣蔵が好きだ。毎年12月は忠臣蔵月間。何故だか分からない。
田舎のボンクラ若殿がお江戸で粗相をやらかし、
処罰を受けたら部下たちが逆切れして集団で武力行使に及んだ…、
ってな話なのは歴史的事実なのだが。

赤穂浪士討ち入りの際、大石内蔵助(片岡仁左衛門)から密命を受けた男が二人いた。
寺坂吉右衛門(佐藤浩市)は遺族に事の一部始終を語り伝える役目を16年かけ達成する。
瀬尾孫左衛門(役所広司)は大石の生まれたばかりの隠し子・可音(桜庭みなみ)を
ひっそりと守り育てる。親友であった二人がついに再会。
その頃、可音が豪商・茶屋四郎次郎の息子修一郎(山本耕史)に見初められる。


討ち入りから16年後の話である。
忠臣蔵・最後の生き残りが最後の忠誠心を見せる。本物のラスト・サムライ。
はからずも、自分の意志とは関わりなく生き残ってしまった二人の男。
赤穂浪士たちの名誉が回復するにつれ、肩身の狭い彼らが
どのようにして武士としての面目を施すか。「武家だから」の一言が生きる支えとなる。
そして討ち入りに加わらず生き延びた者。大石のお蔭で他の藩に仕えることができた者や
町人となった者たちが可音のために馳せ参じる。
男たちの必死な生き様に比べれば、16歳の小娘の養父に対する恋情なんて
しゃらくせーっ、と感じるのは私が身も心も枯れ果てた更年期だから?
だって2時間13分は長かったのよー。もどかしいったらない。
可音役が黒木メイサだったら役所さんも別の結末を選んだ…訳はないな。
久しぶりに仁左衛門さんのお顔も拝見できたし満足満足。
最近東京の方で起きた事件の関係でちらっとTVに映ってらして、
襲名前の片岡孝夫さんは優しげで品のいい男前やったなー、と思い出した。
以前狂言師一家が騒ぎになっていた時も感じたのだが、
同じ伝統芸能に携わっていても東京と関西では随分趣が違うのね。

なんとこの映画、日米同時公開なんだそうだ。アメリカで誰が見んねん?
赤穂浪士討ち入りの場面はほんのちょっとだけ。既知のできごととして話が進む。
しかも瀬尾の心が、人形浄瑠璃「曽根崎心中」に擬えて表される。
日本人でも義太夫の謡は聞き取り難いのに(字幕つければOKか)。
名場面、縁の下の徳兵衛がお初の足をスリスリって何やってんのか理解できるんだろうか。
映画の前に2時間ぐらい講習会を開かなあかんのでは。
うちの娘にも一度文楽を見せてやりたくなった。日本人に生まれてきたからにはね。
(クジラのヒゲ不足で浄瑠璃人形が絶滅する前に是非!)
http://www.chushingura.jp
0

2010/12/6

秋に見た映画  映画

ぼんやり過ごしている間に12月だ。坊主も走る師走だ。
ぼんやりしているとみるみる内に日本語能力が下がってくる。
映画を見て文章を書こうとしても脳の隙間からするすると言葉が逃げてしまう。
まずい。このままではボケ老人(認知症ではなく)まっしぐらだ。

『闇の列車、光の旅』
ほれ、京都での公開はとっくの昔に終わってるではないか。
ホンジュラスの女の子が父と叔父と、メキシコ経由でアメリカに不法入国を試みる話。
河を越え森を行き、列車の屋根に無賃乗車。そこでギャングの少年に命を助けられ…。

ギャングと言っても日本ではチンピラ程度の年齢と規模。
そんな若者が完全武装して対抗グループと争っている。
原題は"Sin Nombre"。名無し。ギャング少年カスパルが
女の子の前ではアメリカ風の名を名乗り、そして名前のない最期を迎える。
あまりにも軽い人間の命。
日本では農業関係者がTPP反対の声を上げている。問題なのは農産物ではなく
結局は労働力の移動と資本主義大国による搾取が行われるのではと危惧する。

『SP 野望篇』
警視庁警護課要人警護官が政界や官僚を巻き込んだ陰謀と戦う。

テレビシリーズを見てないと話が全く分からない不親切さ。
いいじゃないか。岡田准一君の走り回る姿が見れるんだから。
いつもは彼の陰に隠れて目立たない同僚たちの活躍も。
ノースタント、ノーワイヤーで日本人俳優がここまでできるのを
確認できただけでも見る価値がありますわ(←単なる岡田君ファンだ)。
『革命篇』を乞うご期待。

『リミット』
全米トップ10CDの新作案内で見たせいか、ずっとアメリカ映画だと誤解していて、
ハリウッド物のサスペンスなんか面白いわけあるまいと思い込んでいた。
が、制作はスペインだった。慌てて見に行った。セリフは英語だった。
米民間軍事会社に雇われた運転手がイラクで仕事中襲撃を受け、
目が覚めると箱の中。どうやら砂の下。
手元にあるのはライター、携帯電話、ちびた鉛筆。
救出されるべく電話をかけまくるが。彼の運命は。

日本外務省が邦人保護に消極的なのは日本人の常識。
反対に米政府は何が何でも守ってくれる…のはもはや過去の伝説?
人数が多すぎて把握しきれないでしょうかね。
派遣切りが問題になっていた時、日本でも軍事会社の求人があったらしいんだが。
誰か行っちゃったのかな?無事帰って来れたのかな?
昔ならマグロ漁船に一年乗れば帰るころには借金返済できてたのにね。
0

2010/11/18

『マザー・ウォーター』  映画

日々まったりと暮らしている私がまったりとした映画を見てどうする。
大脳が冬眠状態になるのではないか、との不安に打ち勝ったのはご当地ロケの強み。
映画紹介番組で映ったどこかで見たことのある風景に誘われた。
タイアップの食パンCMに出てくる風景が何の説明もなく京都だとわかる理由は、
土地の平たさか、箱庭のようなこじんまりとした町並みか。

ウィスキー(サントリー山崎)しか出さないバーのセツコ(小林聡美)。
コーヒー店のタカコ(小泉今日子)。豆腐屋のハツミ(市川実日子)。
京都にやってきてそれぞれ店を開く3人が出会う。


そして散歩する人・マコト役のもたいまさこがいつものようにふらふらと絡む。
みんな一人暮らしの女性とは思えない程、しっかり食べるのもいつも通り。
食べるって生きてるってことだよなーと妙に感心。
セツコがウィスキーの氷をマドラーでくるくる回す手つきや
タカコが淹れるコーヒーのアロマが泡立つ様子は茶道のお点前を見ているよう。
「マザー・ウォーター」はウィスキーの仕込みに使われる水の意味だとか。
ウィスキーはゲール語「命の水」が語源。母から命とは、こりゃ尤もな。

京都には琵琶湖並みの地下水が眠っているそうな。
大地震が来るとそれが湧き出て市内は水浸し、は都市伝説の類だが。
地下鉄や地下街を作るたびに、水脈が枯れる!と大騒ぎになる。
うちの近所の豆腐屋さんは井戸水を求めて店舗を引っ越したし、
某有名蕎麦屋が百貨店に出店する時も井戸水の確保が条件だったらしい。
水か…。
最近はスーパーやドラッグストアに会員用のミネラルウォーターや
イオン水、精製水の給水機が置いてあって、私も時々利用するけれど。
夏の暑い日に重いペットボトルを運びながら、水事情の悪い国の子供たちが
水汲みのために学校に通えない話を思い出しては複雑な心境になる。

特に京都が舞台でならなければならない理由は全くない。
異邦人の登場人物たちがふわふわと会話をする。
とても大事な話をしているような気がする。
「君はそういう人なんだから仕方ないじゃない。」だったり。
一歩前に踏み出せない若者の肩を押したり。
それがどうした?と思うのはこの土地に根っこを生やした私の年齢のせい。
そして旅することよりも、旅する人を迎える覚悟をすでにしてしまったせい。
http://www.motherwater-movie.com/
0

2010/10/11

『バイオハザードWアフターライフ(3D日本語吹き替え)』  映画

「飛び出すゾンビ、見たくない?」そんな気色の悪い映画見るもんか。
父母は丁重にお断りした。しかし娘は諦めなかった。
根負けした母が新聞の映画招待券プレゼントに当選するまで、
「飛び出すゾンビー」「飛び出すゾンビー」と言い続けたのだった。
どんな母娘やねん…。

Tウィルスが世界中に広まって4年後。
アンブレラ社東京本部は地下に活動拠点を移していた。
クローンたちと共にその施設を壊滅させたアリス(ミラ・ジョボビッチ)は
未感染の地アラスカ・アルカディアを目指す。しかしそこにいたのは奇妙な機械を
取り付けられ記憶を失った友人・クレア(アリ・ターラー)だけだった。
LAに飛んだ二人は、アンデッドに取り囲まれた刑務所に生存者を見つける。


雨の夜。東京・渋谷の交差点。中島美嘉が発症するシーンから始まる。
ここだけで一つのビデオができそうなくらい美しい。だけど。
東京でなければならない必然性は全くないんで。
東京の街がドーム状に瓦解していったり、富士山にヘリが追突する様子は
過去の航空機事故や戦災・自然災害思い起こさせて気分のいいもんではない。
どーせ壊すんならペキ●やシャ●ハイ、ピョンヤ●でいいやないか。
で、美しいのは本当に最初のシーンだけで、後はずーっと戦ってばかりです。

ありがたいことに最近の3Dの特徴で、ゾンビは飛び出てこなかった。
刃物の切っ先、ガラスやコンクリートの破片も真っ直ぐに目の前に来ることはなく、
その直前で方向転換してくれる。お子様向けの配慮なんだろうか。
先端恐怖症且つ超ビビリ、チキンハートの私でも大丈夫。
ゾンビよりも、マトリックスばりにのけぞる人間の方に目を引かれる。
でもねー、バイオハザードは映画館で見る3Dより電器屋の店頭の大画面TVの
デモで流れているブルーレイの方が感動的にクリアできれいに見えるんだよねー。

殺しても死なないゾンビとクローンだらけのアリスの戦いって…不毛だ。
今回、アリスは血清を打たれて普通の人間になった、はず、の割にやっぱり強い。
ゲームをやってる人にはそのままの世界が再現されていて面白いんだと思う。
映画としてはもうちょっとストーリーとか謎解きっぽい要素があればいいのに。
知らない間にゲームも随分とシリーズが増えてるみたいだ(今Zまで?)。
まだまだ、次から次へと敵が現れるので「寅さん」「釣りバカ」並みに続くかも?

うちのおバカ娘は強い女とお気に入り声優さんのお蔭で大満足でした。
http://biohazard4.jp/
0

2010/10/10

『瞳の奥の秘密』  映画

本年度アカデミー賞外国語映画賞受賞作品です。
そうでもなければ日本では公開されなかったんだろうなあ。
見ごたえのある作品が日本人の目に触れないままだったら悔しいなあ。

1974年、アルゼンチン・ブエノスアイレス。
新婚の美しい妻が暴行・殺害される事件が起こった。
刑事裁判所に勤めるベンハミン(リカルド・ダリン)は
銀行員の夫の深い愛情に突き動かされ真犯人に迫るが判事の妨害に。
その25年後。引退した彼はその事件を小説にしようと、
かつての上司イレーネ(ソレダ・ビジャメル)を訪れる。


天使のように美しかった女性が目を背けたくなるような姿に。
ライバル心を露わにする敵役。アルコール依存症の相棒。政治的圧力。
才色兼備の上司とのぎこちないやり取り。いくつもの話を絡ませながら犯人を追う。
途中はらはらする場面も織り交ぜラストまで気の抜けない、よくできたミステリー。
中年から初老にかかった男の切なさ。南米訛りのスペイン語が耳に心地よい。
そして最後にベンハミンは25年間の愛情にケリをつける。

駅でいつまでも犯人を捜そうとする被害者の夫がベンハミンに語る。
「犯人には死刑になって欲しくない。長生きして空虚な人生を送って欲しい。」
アルゼンチンでは最高刑は死刑ではなく、終身刑なんだそうだ。
彼の言い分も分かる。更生できない加害者に死を望む気持ちも分かる。
だから日本では未だに死刑を廃止できない。
日本で悲惨な事件の被害に合った方やそのご家族のインタビューを拝見すると、
司法の力によって問題を解決しようとする気丈さと理性的な態度に心を打たれる。
司法の独立と公正は民主主義の砦だ。国民の最後の拠り所だ。
政治や暴力、まして他国の圧力に屈するものではない。
それなのに。
なんでかな〜、今の検察は。どうしたんかな〜。しっかりしてや〜。
http://hitomi-hmitsu.jp
0

2010/10/5

『パリ20区僕たちのクラス』  映画

引っ越し作業もほぼ終了。今回から新しいPCで入力してます。
どんな機能があるのか理解しないまま突っ走ってたら、
LANケーブルのプラグが破損した。時々接続が切れます。

パリの公立中学校。日本風で言うと中学2年生のクラス。
担任の国語教師フランソワと24人の生徒の1年間をワークショップ形式で描く。



続きを読む
1

2010/9/27

『TSUNAMI-ツナミ-』  映画

試写会で日本語吹き替え版を見たら。
主人公マンシク役のハン・ウォンが大泉洋そっくりの容姿なのに、
声優・東地宏樹氏の男前声だった。申し訳ないが、しっくりこない。

韓国屈指のリゾート地・海雲台(ヘウンデ)。シーズン中は行楽客が100万人。
このあたりなら白浜が人でぎっしり埋まっちゃったみたいな感じ?
対馬の西でおきた地震の影響で高さ100mに及ぶ「メガ津波」に襲われる。
地質学者(地震学者でも防災研究者でもない)の再三の警告は無視され、
避難警報の発令が遅れた結果多くの人が逃げ惑うことになる。


普通に考えて、地学が高校の必修科目だった時代の人間にとって、
韓国がそんな巨大津波に見舞われることはあり得ない。
日本海にそれほど水はありゃーせん。と断言しては元も子もない。
未だ経験したことのない天変地異の中で繰り広げられる人間ドラマだ。

昔の海難事故の傷から立ち直れないマンシクと
その事故で父を失ったヨニ(ソル・ギョング)の恋の行方。
救命救急隊員と都会から遊びに来た2浪中の女の子の出会い。
誰にも相手にされない地質学者と仕事に生きる元妻と幼い娘。
定職に就かない息子を案じる母。誰が生き残って誰が犠牲になるのか。
海雲台の再開発を目論む政治家たちが絡んで。

韓流独特のくすくす笑わされる場面もありーの。
毎度のことながら、彼の国の女性の強さには驚嘆させられーの。
肉食女子と揶揄される日本女子などまだまだ可愛らしいもんである。
徴兵で鍛えられた韓国男性をあれほどまで尻に敷くなんて。
何があっても武力行使なんて考えないほうが身のためだ。

津波や地震の研究が日本は進んでいるというのは知っていたが、
他の国々が全くの無防備だとはついぞ気が回らなかった。
「日本が津波警報を発令しました!」
「日本はいつも大げさだからー。」

防災センターと思しき場所でそんな会話が交わされ、何も対処しないまま時が過ぎる。
そうなのかと、考える。海の向こうの国とモメた時は。
人為的に日本領海内から「あっち」に向かって地震や津波を起こしちゃえば・・・。
ダメ?

http://www.mega-tsunami.jp
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ