2006/1/31

フェンネル  ハーブ編

科 名:セリ科
学 名:Foeniculum vulgare
和 名:ウイキョウ
主 産 地:地中海沿岸
使用部位:全草
主 成 分:アネトール、フェンコン
主な適応:抗痙攣、利尿、健胃、月経調整、発汗作用


野菜として、また薬草としても大活躍をし、アロマテラピーにおいても利用できるありがたいハーブ!

甘くて、ちょっぴりスパイシーな香りのするフェンネルですがニンジンのイトコなんです。

他のセリ科植物と同様に、フェンネルには、腸内のガスを排出する作用や健胃作用があり、膨腹感、消化不良、吐気などの胃腸の不快症状を調えるのに適しています。
古くから、尿の排出を促して泌尿器系のトラブルの改善に役立てたり、体液の循環を促進する事でムクミを軽減するなど認められているようです。
フェンネルの種子から採れるエッセンシャルオイルには、人の女性ホルモンによく似た植物ホルモンが含まれており、アロマテラピーでは、しばしば、無月経、月経不調、更年期障害などのケアに使用しています。


ダイエットに最適!?

フェンネルの種子をかむと満腹感が得られる事は古くから知られています。
古代ローマ時代においてすでに、兵士が行軍の際、フェンネルの種子を常に携帯し、食事ができない時はフェンネルの種子をかんで空腹をしのいだと言われています。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ