2006/4/30

からあげ弁当  ぐるめ編

はじめてお目にかかった・・・・

やむやむのからあげ弁当550円

クリックすると元のサイズで表示します

からあげの量が・・・・
0

2006/4/29

マョネーズ  学び編

道新ポケットブック2006/4ょり

18世紀スペイン

メノルカ島の港町マオンにて

仏軍リシュリュー公爵がマヨネーズの原形となるソースに出会い

気に入った彼はパリに帰りマオン製のソース⇒マオンネーズとして紹介

やがてマヨネーズとなり、世界に広がったと言われております


日本では

キューピー(株)創始者「中島董一郎」氏がアメリカで

マヨネーズに出会い、帰国後の1925年、発売に至ったようです

クリックすると元のサイズで表示しますキューピーマヨネーズ

主な原材料は「植物油、卵、醸造酢」

現在それ以外を使用したものは、JAS規格でマヨネーズとは認められません

また、保存料、着色料、増粘剤なども使用できません

では、なぜマヨネーズは腐らないのでしょう?

それは、酢の殺菌力と、食塩の持つ細菌の繁殖力を抑える働きとの相乗効果により、マヨネーズ自体に防腐力があるからなのです!

マヨネーズといえば、卵に含まれるコレステロール

とかく悪く思われがちですが、人間には不可欠な栄養素です

コレステロールは、細胞膜や胆汁酸をつくり

性ホルモンや副腎皮質ホルモンの材料にもなるなど

その役割は無視できません!

しかも、健康な体内であれば、コレステロールを一定に保つ機能が働くので、毎日卵を食べてもコレステロール値は上昇しないそうです!

マヨネーズと野菜には互いの特性を生かしあう、そんなイイ関係があります

それは、卵黄と油と酢が混ざり合う「乳化」によって

マヨネーズの細かい油の粒が、一緒に食べた野菜のβ−カロチンや

脂溶性ビタミン(ビタミンA、D、E、Kなど)

を胃で溶かし、高い吸収力を発揮するからです。

マヨネーズに含まれる酢は、体内でクエン酸に変化し

これが疲労回復に役立ちます

また、酢には血圧上昇を抑える作用もあるようです。


クリックすると元のサイズで表示します豆腐マヨネーズ
0

2006/4/28

ボディケア  おすすめ編

http://www.lc.nicca.co.jp/

爽やかな香が印象的な「ソフラベルダ ボディソープ」

スッキリとした泡立感があり、洗いあがりスベスベ!

「ソフラベルダ ボディケアクリーム」も爽快感があり

肌が引き締まる!(入浴後に最適)

クリックすると元のサイズで表示しますこのクララから抽出したエキスを配合しています
0

2006/4/26

ポリス  私的な事編

警察って

スピード違反とかシートベルトの取り締まりの時

隠れて見張ってるけど

あれなら

まるで

捕まえるのが前提ぢゃんっ

何か方向性違わね?


0

2006/4/24


どひゃ〜
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ