2011/4/18

法的な温泉で健康  私的な事編

道東圏も温泉が多数ありますので

幼き頃より温泉には

よく入っていました。


つい昨日も

温泉友達のH谷さんと源泉100パーセントかけ流し

(私なりに予防医学)

クリックすると元のサイズで表示します

日本では温泉

温泉法と環境省の鉱泉分析法指針で

定義されているようです。

(各国で違いはあるようですが)


法的に定義されているんですねぇ?

(そりゃそうか・・・・)

温泉のもつ効果は多様なものがあるのは

誰しも知っていることですが


入浴以外にも


食べ物だと

高温の源泉につけてゆでられた温泉卵


飲料なんかも

有名なヨーロッパのミネラルウォーター

エビアン温泉


日本では初期のジンジャーエール

炭酸泉水を原料としていたようです。


保険を扱っていると

何かしら罹患した方との接点が多々あるのですが

温泉治療をされている方は多くないのでは


温泉医学や

温泉のもつ医療効果も

実証されているので


「入浴が好きではない!」という方にも

最近だと

各所の屋外で無料の足湯なんかもたくさん目にします。


各泉質に記載の効能は

あくまで目安で

効果を万人に保証するものではないことには

注意しておきましょうね!


--[Hiroからのご案内]------------------------------------
各種保険案内・知っておきたい女性の病気・その他コンテンツあり
PC版 : http://webby.aflac.co.jp/hiro-nakamura/
アフラック(アメリカンファミリー生命保険)代理店ホームページ
http://www14.plala.or.jp/relax_for_you/hoken.htm
--------------------------------------------------------
0
タグ: 北海道 釧路市 温泉



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ