2008/3/25

保険の必要性と意義  マネーにもマナーを編

生命保険

多くの人々が危険度に応じた保険料を出し合って公平に保障し合う制度です。


したがって

すべての人が同じ条件で契約ができるわけではありません。


なぜなら

健康状態の悪い人や危険度の高い職業についている人が一般の人と同じ条件で契約できると

一般の人よりも死亡する危険度が高いために保険金の支払いが予定より多くなり

そのため保険制度の健全な運営ができなくなり

契約者間の公平が保たれなくなるからです。


また

本来の加入目的で生命保険を契約するのではなく

保険制度を悪用し

金や給付金を不当に得ようとするケースもあり

社会的に大きな問題となっている。



*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*:.。.:*:・'゜:*:・'☆。.:*:・'゜★゜'・:*:.。.:*:
最適な保障を備えて下さい。
http://webby.aflac.co.jp/hiro-nakamura/
*:・'゜☆。.:*:・'★゜'・:*:.。.:*:・'゜:*:・'☆。.:*:・'★゜'・:*:.。.:*:.:*:
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ