2011/5/30

小金湯温泉へ足を運んでみました。  業務編

先日の

医療保険&がん保険へのお申込

誠にありがとうございます。

(ぺこり〜)


そういえば

札幌の名湯小金湯温泉へ

初めて足を運んだのですが

すぐそばにアイヌ部落?があるのですねぇ

次回はゼヒ観光したいなぁ。


そんな小金湯の泉質は

単純硫黄泉(弱アルカリ性) ※旧泉質名 単純硫黄泉


そして小金湯の効能は

皮膚病、神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、疲労回復、慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復期、健康促進、慢性婦人病、きりきず、糖尿病


ところで小金湯の禁忌症は

急性疾患(特に熱のある場合)、悪性腫瘍、重い心臓病、呼吸不全、腎不全、高度の貧血、活動性の結核、出血性疾患、妊娠中(特に初期と末期)、その他一般に病勢進行中の疾患、皮膚・粘膜の過敏な人、特に光線過敏症の人


ご家族やお友達と

是非足を運んでお楽しみいただきたい。

クリックすると元のサイズで表示します


--[Hiroからのご案内]--------------------------------------
がん・医療保険|介護保険|学資保険|生命保険|個人年金
PC版 : http://webby.aflac.co.jp/hiro-nakamura/
アフラック(アメリカンファミリー生命保険)代理店ホームページ
http://www14.plala.or.jp/relax_for_you/hoken.htm
--------------------------------------------------------
0
タグ: 札幌 温泉 小金湯



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ