2008/3/25

保険の必要性と意義  マネーにもマナーを編

生命保険

多くの人々が危険度に応じた保険料を出し合って公平に保障し合う制度です。


したがって

すべての人が同じ条件で契約ができるわけではありません。


なぜなら

健康状態の悪い人や危険度の高い職業についている人が一般の人と同じ条件で契約できると

一般の人よりも死亡する危険度が高いために保険金の支払いが予定より多くなり

そのため保険制度の健全な運営ができなくなり

契約者間の公平が保たれなくなるからです。


また

本来の加入目的で生命保険を契約するのではなく

保険制度を悪用し

金や給付金を不当に得ようとするケースもあり

社会的に大きな問題となっている。



*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*:.。.:*:・'゜:*:・'☆。.:*:・'゜★゜'・:*:.。.:*:
最適な保障を備えて下さい。
http://webby.aflac.co.jp/hiro-nakamura/
*:・'゜☆。.:*:・'★゜'・:*:.。.:*:・'゜:*:・'☆。.:*:・'★゜'・:*:.。.:*:.:*:
0

2008/3/13

保険の解約  マネーにもマナーを編

保険の契約者は

いつでも保険会社に申し出てそれ以降の契約の継続を打ち切ることができます。


これを解約といい

その時点で契約は消滅します。


解約の申し出があった場合

保険会社はその契約について解約返戻金があれば払い戻しますが

その額は

通常の場合

払い込んだ場合の合計額より少なくなります。


これは

払い込んだ保険料の一部を死亡した人に保険金として支払ったり

また

保険会社が契約を維持するための費用などにあてるからです。


解約返戻金は

保険種類

性別

契約年齢

払込方法(回数)

経過年数

保険期間

保険金額などによってそれぞれ異なります。


契約後

短期間の払い込みで解約すると

解約返戻金がまったくない場合もあります。


(注)解約返戻金は、保険会社によっては解約返還金、解約払戻金ともいいます。


*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*:.。.:*:・'゜:*:・'☆。.:*:・'゜★゜'・:*:.。.:*:
最適な保障を備えて下さい。
http://webby.aflac.co.jp/hiro-nakamura/
*:・'゜☆。.:*:・'★゜'・:*:.。.:*:・'゜:*:・'☆。.:*:・'★゜'・:*:.。.:*:.:*:
0

2008/1/15

保険料の負担を軽くしたい時  マネーにもマナーを編

【減額】


保険料の負担を軽減するために

保険期間の途中から保険金額を減らす事を減額と言います。


減額部分は

解約されたものとして取り扱われ

解約返戻金があれば払い戻される。


*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*:.。.:*:・'゜:*:・'☆。.:*:・'゜★゜'・:*:.。.:*:
最適な保障を備えて下さい。
http://webby.aflac.co.jp/hiro-nakamura/
*:・'゜☆。.:*:・'★゜'・:*:.。.:*:・'゜:*:・'☆。.:*:・'★゜'・:*:.。.:*:.:*:
0

2007/12/23

貯蓄があるから必要ない?  マネーにもマナーを編

「充分な貯蓄をしておけば保険に頼る必要はない」

という考え方もあります。


しかし


例えば

亡くなられた方の預金

お葬式代などの出費に対応しようとしても

相続の手続きが完了するまで

故人の預金口座などは凍結されていて

原則的に預金を引き出すことはできません。


*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*:.。.:*:・'゜:*:・'☆。.:*:・'゜★゜'・:*:.。.:*:
最適な保障を備えていますか
http://webby.aflac.co.jp/hiro-nakamura/
*:・'゜☆。.:*:・'★゜'・:*:.。.:*:・'゜:*:・'☆。.:*:・'★゜'・:*:.。.:*:.:*:
0

2007/11/3

保険契約者に対する貸付  マネーにもマナーを編

お金が一時的に必要になった場合


契約者は保険期間の途中で一時的にお金が必要になったときには

その時の解約返戻金の一定範囲内で

保険会社から貸付を受けることができます。


貸付を受けた場合

保険会社の定める利率により利息を支払うことになっています。


その理由は

この貸付も資産運用のひとつであり

将来の保険金支払いに備えて他の資産運用と同じ程度の利率で運用されなければならないからです。


これは

貸付を受けた契約者と受けない契約者との公平を保つためのもの。


また

この制度は銀行預金のように自分のお金を引き出すのではなく

保険会社が資産運用の一環として適正な利息で貸付を行う制度ですから

貸付を受けた契約でも貸付を受けていない契約と同様の配当金が支払われます。


なお

貸付金とその利息はいつでも返済でき

保険金などが支払われる際には

まだ返済されていない貸付金と利息は差し引かれます。


*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*:.。.:*:・'゜:*:・'☆。.:*:・'゜★゜'・:*:.。.:*:
最適な保障を備えていますか
http://webby.aflac.co.jp/hiro-nakamura/
*:・'゜☆。.:*:・'★゜'・:*:.。.:*:・'゜:*:・'☆。.:*:・'★゜'・:*:.。.:*:.:*:
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ