2006/8/16

The Poem's Evil Page  アタッカー

廃武芸のみに許される「ボスに6500級の鬼神突」を
廃神突と呼ぶことにしたのでヨロシクオネガイシマス。

比叡クエで是非その全容を見たいため
わざわざ転生すらも拒否し御披露戴いた廃神突
剣気発生で阿修羅に6450ダメ出て
阿修羅の出現から死亡までに取った行動が防御と切り返し1回。
ナンスカコレ


当方も廃神魔を目指すべく
夏期休暇をいいことに外出時間を除いてTDに入り浸る昨今。
何せ暗殺は11の特化技能のうち後ろ5個が華であるため
とにかく早く前6個を終了せねばなりません。

逆に前6個の習得中はもう
特化が何であるかも判りにくいようなアレな存在であるため
せめて装備に力を入れTDのお荷物にならぬよう努めること肝要。
ふんだんに劇薬丹を塗って予備を持ち歩き暗剣術極意を入れるなどの
古き良き小細工も重要でしょう。

と言うわけで
特化1は党首の私自らがLV39姫塚を引きまくり難航したものの
特化2は1日2技能、本日神魔と両断改をゲットするという
まさに廃な進行でようやく暗殺っぽくなってきました。
目指すは乱舞あるのみ。

しかし、門徒からの移動を含む装備で明らかに付与限界オーバーのため
LVが1個あがると限界開放と腕力上昇の効果で攻撃が9増えたりするのが
なかなか、修得とは別に経験の楽しみを与えてくれてイイ感じです。
旧来は、キャラ育成は特化完了後LV51になると飽きてましたからねえ。

世間では付与限界以上に付与することを
異常に敬遠している気配があるのですが
付与値の半減とは言え増えないことは無いのだから
遠慮せずガンガン付与すればいいのでは、と個人的には思ってます。

とは言え、限界オーバーのステータス付与を生気に回して
生存力や技能回転率を上げることは勿論上策だと思います。
当方の暗殺も両断改をメインとするようになってからは
気合の少なさが目に付くように・・・

今の私のアカには脳筋キャラばかりなので
知力を振って気合が多いキャラが殆ど全く居ません。
(居ても稼動していないと言うのが正しいのですが・・・脳筋なもので。)

素絹陰陽が何故かボス振りの耐久MAXながら
残るボーナスを流行りの魅力ではなく知力に振ってしまっている辺り
何をやっても脳筋なことです。



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ