2006/3/16

殆ど妖獣な件について  

アタッカー考察編はまだ鍛冶が残ってて
鉄砲はともかく刀アタッカーについて書きたいことがあったんですが
まあイイヤということで続きは記事うp時に。

あと無一文から始める腕力装備作成講座みたいなのも考えてますが
師父も「考えるな 感じろ」と仰る通り
アタマを使ってる暇があったら雷鳴粉を4個多く作った方がいいのです。


昨日はかなり久々に妖魔陣に参加させてもらいました。
とは言え前回参加時は今は亡き腕耐武芸での参加でしたが
今回は現メインのSOUHEI。
過去に見た限りSOUHEIだと妖魔陣のNにダメージを通すのは厳しい印象
だったので、現在の装備レベルのチェックを兼ねる機会。

徒党は武芸・暗殺・鎧・武士道・古神典・医術+SOUHEIの
安定感抜群構成+弱点

・・・と言うかですね
一の太刀抜きの鬼神で闘魔の鎧1が即死するわ
滅殺極で4000↑のダメージ出るわ
武芸サンと暗殺サンがスゴすぎて一般NはTDみたいな速度で氏んでた。
オッカネエ('A`)

SOUHEIは暗殺サン→武士道サンと吸収を配り連撃系が複数居れば鍛冶に因果応報
その後十二天護法撃と僧兵連撃で攻撃参加という動き。
※当初は悪霊退散2を配る予定でしたが、妖魔陣の大半のNのタイプである
 妖獣は圏外なので廃案。

硬い鎧&首無しには連撃で3桁止まりなのを確認しましたが
それ以外には十二天で3500前後、連撃で2300前後と普通に通ったのが収穫。
硬いの相手でも1500くらい出せるようになりたいもんです。


ボスでは生気+知力の回復僧モードに着替えて参加。
名前忘れたけど鬼型の青いヤツはスゲかった。
とは言え回復が二人居ることを考慮せず4を実装したのが失敗。
我ながら僧兵の回復3系の効果は全く信用できないので
ボス=4という発想ですが、世間ではそんなことは無いようです。
全体回復3で全体350くらいなんだよね('A`)

鬼とやったおかげもありアタッカーが超強ェおかげもあり
氏邦怨霊はアッサリ。
で恒例の発狂武器交換をちょっとやりつつ木槌持ちを数戦やって終了。
武芸サンには発狂ドリルが加わって4連改で3500出たり致死量に到達シテタヨ


ザコ戦では攻撃参加、ボス戦では回復僧の延長ができる
僧兵のメリットを出せたと同時に、両者における問題点も把握できた。
と言うか僧兵連撃覚えてから回復僧モード初めてでしtry
トメが間に合わないときの大喝は使えるのでもう少し知力寄りにしよう。


あと発狂槍か薙刀を使ってみたいところですが
至急品の征魔槍の時点でベース107+腕25+加護&妖力ってスゲエよ。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ