2006/11/1

Souhei Needs Polished Sands  その他

磨き砂は磨くための砂であって磨かれた砂じゃないから
英訳間違ってると思うけどマアイイヤ。


ここのところ少々僧兵を休憩して刀鍛冶に毛糸宇宙('A`)傾倒中。

これまで鍛冶屋の先導で基本目録を習得し終わるところまで
PLeeを育てたことは何度もありますが
特化に差し掛かる寸前までPLeeを世話できたのは
引率者が僧兵になってからが初めてです。

状況的には、限界が来るどころか
今後はこれまで防御で固まっていた鍛冶屋側にも戦闘力がつくことから
ますますこの二人だけで何でも出来てしまう気配。

まあ、特化習得は野良TDに限りますけども。

現在、鍛冶屋を育てる上では
かつて「炉に篭ってろ」と言われた時代に最難関と言われた
LV30→LV40間をどう過ごすかが極めて重要だと思われます。
潜在能力が開放されるLV30から、いかに日課的に生産を行うかによって
ステータスブーストの効く基本潜在能力と
できた業物の納入による紋の価値上げの効果が決まるからです。

殊に「腕器10」という初期パラ配分は
攻撃力だけ見ればベスト中のベストの初期パラである一方
他のほぼ全ての要素をかなぐり捨てたものなので
基本潜在に頼るところが極めて大きくなっています。

鍛冶で腕器10をやってしまうと
ざっと考えても商談2マス・応用力2マスが必須、できれば力瘤も欲しい
それ以前に極端に削った生命を補うため健康は10振る予定
持ち味を活かすための握力・機敏も少なからず欲しく
また棍棒のため、もしかしたら動体視力も欲しいかもしれない・・・
と一体潜在LVいくつ必要なのか判らないほどの依存度。
しかもLV60で冷静3マス振るとようやく9スロットと言う過酷さ。

まあ、極端なキャラがやりたくて選んだことなので
ちいとも苦行には思えないんですが
日課として十字槍10本+小刀10本+他をやっていると
最も欠乏するのは磨き砂でした。

かつては数万の在庫があったんですが
腕器鍛冶に至るまでにまた数キャラ消してしまった上
連中もある程度生産をやってから消えたので砂消費しまくり。
・・・まあ、玉鋼のために炭取ってりゃ自然に回復するんで
その日を過ごすためには全く問題無いんですが。

極端初期パラは潜在あればこそ
潜在欲しけりゃ生産を日課に
というのがポイントでした。

破天の新潜在の内容によっては、今振ると負け組なんですけどね。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ