2007/1/22

From Death to the Sky  その他

軍学カッコイイよ軍学
あと陸2のロケットパンチャーもカッコイイ
百目鬼の胸?にある2つの瞳がつぶらすぎ
でも陸2狩りってあまり聞かないしザコと闘った記憶も殆ど無い。


週末はイカ&マタツをイワすツアーに刀鍛冶(盾)で参加。
巷で散々な扱いを受けている軍学の活躍が光ってましたが
軍学が4秒バーを見なかったターンは即ちピンチに直結で
なかなか心臓に悪いポジションなんだなあ、と
生命バーがガクガク上下する腕器10刀鍛冶が見てて思いました。あぺし
鍛冶の方が余程心臓に悪くてスイマセン。>>党員諸兄

ウマ・イカ・魔鬼・使い・魔龍と
回ったボスに後光持ちが居ないと言われれば確かにそうなのですが
それにしても高い沈黙精度(全身生命240+知力30-35級)
天下無双+命中極意+薙刀(命中補正+6)で素立ちにみねが高確率でHIT
逆転の秘策による魔龍本体のボンクラ化、釣られた際の活殺自在
兵貴神速による鍛冶へのメッキ担当可能
何より侍ゆえの高生命・ある程度以上の防御力
往年の強靭さを上回るカッコヨサでした。


僧兵を始めとした世間的には不遇と考えられているキャラを扱い
「現状でもこういう強さがある」という記事を主体に書いていると
「だから強化は必要無い」と言うニュアンスが勝手に加わってしまうのが
悩みどころではあります。
個人BLOGで何か書いたところで仕様への影響力は皆無に等しいでしょうが
軍学は確かに上記のような光るモノを持っていますが
現在の仕様による処遇は明らかにキツイものがあります。

飛龍中期〜後半の沈黙&自制心弱体にも関わらず特化4に救済技能が入らず
屋敷や蜃気楼程度ですら盾枠を拒否(武士道を指定)する風潮に加え
ボスサポ枠なのに「盾として機能しない」という誤認識も抜けず
同じサポ枠としては武士道と相性の良い術忍の台頭もあり。


この特化を持ってないワタクシが考えるのは全て机上の空論なのですが
現在の軍学が抱える最大の問題は「ザコ狩りの席」だと思います。

共通技能に二刀流や剣気隆盛を持つ侍なのでアタッカー化が考えられますが
攻撃力値自体は武芸に近づくことができるものの
現在は器用の問題があります。

術忍・忍法は初期器用デフォでもLV*3.4倍が保証されているため
腕力装備である程度以上にアタッカーが出来ますが
恐らく初期器用振りは少ないであろう軍学の場合
侍の特質上からLV*3.4倍の器用確保にも高めの付与が必要で
それに加えて腕力も付与し良品の刀を二本・・・となると
本来の目的であるサポ装備より費用がかかってしまうのがネック。

飛龍時代にモノスゴク局地的に話題になった
全身火属性装備での火攻め弐はどうなんでしょうか。
何分にも軍学を持っていないので検証できないのがアレなんですが
火属性付与石の宝石が店に無かった当時にソレを達成した軍学は
火攻め弐で1000ダメ出していたという報告がありましたが・・・

無責任なことを書いて、試した軍学サンが破産するとマズイので
飽くまでも噂程度に聞き流してクダサイ。
マジネタだったらワタクシも軍学つくry



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ