2007/4/10

光速粘着56  演舞

サブタイをおかしな英訳にするのはやめました。

代休連鎖中に狂ったように空1狩りに通って演舞乱破さんもLV56に。
と言うのも、楽市にどう見ても破格の鎧が流れていたので
各キャラの知行蔵を売り払ってゲットしたところ要求LV59。
勿論LV60を目指すこと込み込みなので森に入り浸りというわけです。

初期耐久3で鋼の額当て・当板鎖帷子装備だと兎に角防御が低い。
丹込みで360台でしょうか。
この辺は破天装備を制限無く使用できるLV(要は60)になるまでは
如何ともしがたいので生命を高く積んで誤魔化しています。

方法としては
戦闘潜在の剛健と基本潜在の健康10LVを腕力に先んじて振っており
首飾りも紅葉や管玉でなく神職生産の生気ステのやつに生気共晶。
絵とお守りも腕力を捨てて生命240気合120のものを使っています。

生命3250に達してからは3150晒して踏みとどまることが多くなったような
そうでもないような気がしています。


最近LVが上がってきて全体槌をかける必要性が余り感じられなくなったので
狩りでは蛾・イヌ・タヌキ辺りの最悪の固体を排除したら
折を見て吉祥を入れるように心掛けています。

重ね打ち+全体槌は実際笑えるほど強いんですが
よくよく考えるとクマなんかだと抗術もついてたり
全体槌の消費気合はかなり高いのでその後ガス欠無く演舞も回転するためには
開幕でかける以外は結局吉祥か素殴りが必要だったりするので
重ねに頼り吉祥入り天地の回転率で倒すのと同じ話のような気がしたわけです。
性質上、天地は重ねで攻める相手にも1300程度はダメが出ます。

吉祥は武士道の気合回転を楽にする他、武芸も五連改を主砲レベルで
回せたりするので良いオプションです。
敵の消費気合も下がるのが難点ですが、空1で頻繁に来る煉獄系は
結界があれば痺れが必須、無ければ相方一人に天地を重ねればまず止まるので
デメリットはさほどありません。


割りと頻繁に「天地人は反則すぎる技能だ」と言われていますが
空1狩りで武芸と同席してダメージで勝ったと思うケースはほぼありません。
違うのはその武芸が生命2500申告して倒れるか、3000食らっても立っているか
という部分であって、与ダメは平均してこちらの天地+槌くらいですね。

暗殺乱舞は抜いてしまった感がありますが
暗殺は元々純粋攻撃力値のみで敵を倒すコンセプトの特化ではないため
(武芸と演舞はそういうデザイン)
単純比較はできないと思います。
最近はそうであるからこそ一刀流+反撃回避の暗殺も増えてきました。
(覇王では今のところ星喰剣の攻撃132を見かけています)
開幕に滅殺極で蛾を即死させる生命4000級の暗殺を見るとクラッと来ます。

以前からこのプログでは「誘われないなら党首をすべき」と主張していますが
野良では強いところをアピールしてリピーターをゲットすることで
誘われる楽しみもあるということは軽視すべきでありません。
アピールに成功すればリピーターがつく種類の特化とそうでない特化が存在する
ことが根本的な問題ではありますが
8職24特化が均等にそうである状態というのは本作でなくとも難しいでしょうね。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ