2007/5/9

知行栽培  その他

現在の信Onは顔面グーパン勝負に近い先攻超有利ゲーです。
現在の金策を支配しているのが知行で
拝領条件にリアル30日がある時点で後攻不利は決定的です。

しかし、里を卒業したキャラで真剣に習得し軍事クエを納め
生産や納入なども含め一点集中で育てていると
そのキャラの知行はやっぱり知行チェックだけしている
他のキャラに比べて育つのが速い気がしますね。
勿論、LV1-4の方がLV5-6より速いからってのもありますが。

隠れ里の実装は最も面倒な導入部を効率的に育てられる点で
大成功に近いのですが
里卒業直後との余りの落差に突きっぱなし感さえあるのが
贅沢な感想ではあります。
里の外と物価落差が200倍くらいあるのもキツイだろうし
里で長く楽しむほど仕官日数で損をしているという事実に
本当に里が初キャラの人は気づかないだろうし。

最近ちょっと話題の納入内政だけは現在の信に珍しい
後攻有利・低LV(低身分)有利要素なので
活用できるタイミングにあるキャラは逃したくないところ。
まあ内政はカネを食うので初キャラには難しいのが
相変わらずではありますが・・・


たったの二日間ではありますが合戦参加しました。
MMOだから当たり前ですが多人数単一目的ゲーは面白いですね。
対人で装備が削れなくなったのもGJ。
そう言えばゲリラで漏れた際のNPC戦でも全く削れなかった
のですがコレは単なる偶然か。

むしろ「戦場では全く削れない」にすりゃイイと思う。

開戦のコストと勝利のメリットが敗戦のデメリットと
御家再興の容易さに劣っているという根本問題も含め
破天実装後にドロップと武将の外見以外何も変わっていない
合戦というシステムにPCが魅力を感じる方法を
ここらで真剣に考えないとマズイんじゃないですか光栄さん。
(実際私は合戦が最も不要なシステムだと思ってるし)

里まで実装されてまったり楽しめる序盤から
外界に放り出された後にそのPCが「戦場に行こう!」
と決意するに至る要素が皆無のように見えるんですよね。
よしんば形式的に戦国=合戦という理解で戦場に来たとしても
特化が無かったりLV30台だったりするPCを待っているのは
ひたすら死ぬことの要求が主。

武将は確かに破天装備に対応したLV60PCにとって
既に刺激の少ない相手になってしまっていますが
とは言え、例えば生命付与できていないアタッカー特化にとって
戦場は相変わらずただの公開処刑場だし
中陣の前衛にダメが3桁で泣くことだってザラでしょう。

新Dみたいに最初から「高LVPC向け」と割り切っていれば
あのような狂った設定にもできますが
恐らく合戦は本作の売りで全PCに受け入れられたいハズだから
一般人もヘヴィユーザも両方楽しませなければならない。

・・・超難題ですね。

単純に考えると、参加者には一律最低限のメリットがあり
ヘヴィユーザはそのメリットを更に追求することができる
という形式にするしか無いでしょう。

現状では一律最低限のコストだけがあり
ヘヴィユーザほどより高いコストを払っているという
上記の仮定と真逆の状態。
東西戦後辺りにはシステム改変があると思いますが
ここで単純に崩旋脚でゲリラだけ死滅なんて調整が来たら
世界は核の炎に包まれます。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ