2008/6/12

舞衣バグってたんですか  演舞

N僧兵とN死霊の気合削り修正しねえのかよ!
という叫びの聞こえてきそうな本日のパッチの中に
「舞衣と天地翻転の舞がバグってたので修正したよ」
ってのが紛れ込んでました。


舞衣:四象操作の際ダイアル推移を即時30度UP(傾共通)
天地翻転の舞:四象ダイアルを逆転させる(演奥義)

争覇実装〜昨日までの舞衣のダイアル即変動は見た目だけで
属性が実際に増減してなかったってことでしょうか。

検証を思い立ちました。
発端は某所傾奇スレで見た「舞衣+爛漫の舞で天衣無縫は
防御無視だぜ」というカキコ。
守護挑発耐性の問題を前に演舞のダメージングパワーとか
既にどうでも良くなっていたのでずっと検証してませんでした。

納品のために帰参していた小田原で検証パートナーとして
このは氏を確保。サンプルと言うには余りに高いスペックで
これ以上無い御協力を戴きました。


まずは舞衣+爛漫の舞によるダイアル即変動。
技能の見た目とは裏腹に何ともハデさがありません。



爛漫の次ターンの風迅丹、四象ダイアルMAXの風迅丹。
これだけ時間をかけてこの程度の変動では・・・
というのが正直なところではあります。


同じく四象ダイアルMAXでの天衣無縫。

さて、天衣のダメージが四象ダイアルの変化に従って
どう推移するのか調査した時に意外な結果が出ました。


四象MAX状態から落花の舞を使って全属性を下げつつ
ダメージ推移を見たところ
意外なことに天衣のダメージが上がっていくのです。
※勿論、各ダイアルごとに複数回サンプリングしています。


なお、こちらは落花+天衣+天御柱の神舞(風鎚)。
鎚つき天衣は四象ダイアルの推移に関わらずほぼ同じままでした。
上記の事実と組み合わせると
四象ダイアルの低下に従って鎚のダメージは下がり
天衣無縫そのものダメージが上がっているため一定を保つ
と仮定することができます。

見た目が同じで画像としてつまらないので割愛しますが
このダメージ推移は天地人でも同様でした。
(同様の状況で1700台のダメージでした。)


推論としては
「五芒陣タイプの相手の最低属性を適用する術は
四象ダイアルの上昇でなく低下によってダメージが伸びる」
という仮定が出てきます。

天地人の追加属性ダメージ部分もそういう性質です。
天衣無縫は説明文が違うので性質も違うと言われていましたが
今回の検証から、天地人のそれと同様の性質の模様です。
考えてみれば光栄の書いた説明文を真に受けるとは
何ともおめでたい話だったということですね。

破天開始による四象ダイアルの実装に伴って
伏雷が非常に強化された事実から考えると
一般の属性術は四象ダイアルの上昇に比例してダメージが上がる
と考えて良いはずです。

ということは、落花の舞が持つ本来の役割は
属性術のダメージ減少であることになります。
非常に地味で、減殺や孔雀とは比肩し得ないモノですが
敵の属性ダメージ緩和と自身の攻撃ダメージ上昇を同時に行っている
としたら、これってなかなかの内容じゃないでしょうか。
舞衣の追加により、現実的ではない話ですが
四象技能を2ターン連続で使うことが無意味ではないわけだし。

しかし。
いくら四象低下によってダメージが伸びると言っても
画像の通り、その水準は実に微々たるモノです。
めてお氏の防御が非常に高いため
天衣無縫の物理部分の貫通力が低いという仮定を前提とすると
割と色々納得が行きます。


いずれにせよ狩りで初手に使うような技能ではありません。
まして徒党に陰陽各位や修羅術忍が居れば
落花という選択はあり得ないでしょう。
(彼らと演舞の混在する徒党があるか否かはさておき)

ただ、私は今回の検証結果から
必死に潜在を稼ぎ紋を育て、追加し得る属性を上げまくることに
意味があるような気がしてきました。
萎えかけた演舞のモティベーションを回復には良い検証でした。
このは氏に感謝します。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ