2006/9/19

Triumph for my Magic Steel  その他

花の慶次ネタがこれまでのどの記事よりも反響があることに
複雑な気持ちの原哲夫信者・捨身教門徒であった。
やっぱりみんな原哲夫大好きなんだなコンチクショウ。

花の慶次を面白いと思う諸兄にオススメしたい意外と知られていない漫画が
SAKON 戦国風雲録

花の慶次のヒットに気を良くした原哲夫大先生が調子に乗って
少年ジャンプで空気を読まずに描いたのが影武者徳川家康であるわけですが
基本的にタヌキキャラである徳川家康(の影武者・世良田二郎三郎)なのに
主人公になった途端に所謂原哲夫主人公のツラと体型になってしまったこと
が主な敗因か何か解りませんが
完結済みの原作付きなのに打ち切りの憂き目にあってしまいました。

原哲夫大先生なりに打ち切りの原因を検討した結果
ザコが無惨に死なないことが原因に違いないという究極の悟りを開き
月刊ジャンプ誌上で新設定でリテイクされた影武者徳川家康こそが
このSAKON 戦国風雲録であります。

ストーリーがあると言っていいのか悩むところなのですが、
ストーリー的には影武者徳川家康の打ち切り=単行本6巻最終話で
死んだはずの島左近と存命のはずの徳川家康が出会い同盟を結ぶところから
リスタートとなりますが、
そんなことより何よりこの漫画の特徴は、月刊漫画の単行本全6巻にも関わらず
島左近の殺害人数がケンシロウの生涯殺戮人数を凌駕していることに尽きます。

どちらかと言えば殺人を当然と考えている主人公の大量殺戮日誌みたいな内容
なのでHELLSINGとかの方が近いかもしれません。

クリックすると元のサイズで表示します
こんな感じで、ザコの生命は軽いこと軽いこと。

勿論そこに原哲夫御大ならではの笑いのエッセンスが盛り込まれているわけですが
背後から日本刀くわえさせて歯磨きさせたりするセンスは
この人にしか描けないでしょう。

未読の方は是非。


追伸:
通算8人目の鍛冶を育てている阿呆なワタクシですが
ココの人が似たような阿呆を今実行中のようです。
カワイソス



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ