2006/10/23

Souhei gets Old Fashioned  

本日の更新その壱。

前回「今週はマッタリやります」と書いたばかりなのに合戦三昧。
まあ、スゴくぶっちゃけた言い方をすると
アタッカーは装備を強くすると飛躍的に合戦が楽しくなりますからね。
特にゲリラ主流の昨今は徒党に居ない間もやることが多いので。

翻せば、装備が弱いうちは合戦がスゴくつまらないはずなんですが。
LV50台前半、全身腕力45↓あたりだと中陣の侍鍛冶で既にダメが出ないし
生命付与の無さから流れ弾や反撃で簡単に死ぬため
合戦とは即ち自分が無惨に殺されるだけの「公開処刑」でしか無い。
要するにそれが私の器用パッチ前に使っていた武芸そのものです。

今合戦がただの公開処刑なので全然面白くないアタッカー諸兄
何回か合戦をサボってでも蓄財し装備強化すれば見方が変わりますよ。
尤も、合戦は別に最優先事項でも何でもありませんけど。


とまあ、常々こういうスタンスでモノを書いてきた私ですが
この度とうとう家老の末席に加えていただくことになりました。
幾度もの挑戦に際し囮をして戴いた諸兄、
度重なる敗戦にも折れなかった党員諸兄に万感の多謝を奉じます。

そんな空気を早速ブチ壊しにするようなことを書きますが、
私は木端微塵になって死んだ武瀬家党首・零七式と違って
家老になったことで何らかの責務が発生するとは全く考えませんし
何かを強要されるなら即その地位を返上することを保証しますが、
これまでより少々「仲間のために」という気持ちでヤってみようと思います。

つうか過労湿気なんてサチコメで敏感に試験徒党に組み込んでくれた
鉄砲狩人の響の才能に嫉妬。

同じ徒党でかの高名な「北条の悪魔」こと巫女愛好家・秋津飯彦氏が、


クリックすると元のサイズで表示します
北条の悪魔の図


また同じ晩に私の前身・武瀬一族最後の生き残り佐助の薬師・凰呀が
それぞれ家老試験を突破。

長らく北条のために奔走してきた歴戦の兵供が
いよいよ家老の地位に登りつめたこの合戦は、
破天を前に良い思い出になりそうです。



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ