2006/11/30

Middle Aged Elders  その他

テストワールドの破天情報もそれなりに出てきてます。
現在のところ、感想は
特化4て飛龍の不遇特化にはそれなりのものが入っているけど
それ以外のは「NPCが使ってきたらグデグデになる技能ばっかり」
という印象なんですよね。

最近だと、良薬之書3・4の2IN1技能に医療知識+存命(だっけ?)が
入ってるもんだから医術が大騒ぎ開始。
もし知識とコレが更に重複可だったら医術絶対王政なんですが。

あと傾奇者の殺陣特化の情報がちらほら。
これまでは準備があったり競演待機&放置の問題から
殺陣=死亡・殺陣特化=超死亡という雰囲気だったんですが
ここにきて物理攻撃以外との連携が浮上。
陰陽の術との連携は、陰陽自身がその術を放てばいいじゃない
で終わりと言えば終わりなんですが
楠氏の治療や神職の詠唱を殺陣で全体化(!)しているとおぼしき
SSが出現しています。

治療なんかは最初から楠氏が全体治療すればいいじゃない
でまたしても終わりっぽいんですが
単体治療の回復量を全体化できるなら話は少々違いますし
(ヘイトが傾奇に来るなら尚更)
ましてや手間がかかるとは言え詠唱韻を再現できるとしたら
複数名の回復職に複数回の詠唱4を回すヘイトを大幅に減少できそうな。

いや、別のイヤな予感もするんですよ。
それは、NPCが混水模魚や大元帥のようなタゲランダム化を連打してくるので
これまでの戦闘が全くセオリー通りに行えないほど混沌とし
各種単体タゲ技能は殺陣を通して全体化しないと本来の効果を発揮しないとか
そういう世界になってんじゃねえのコレという
そうなったら傾奇必須じゃなくて引退祭りですから
勘違いしないでくださいね光栄さん。

ともあれ、先日まで次のアルファベット表記特化はTATEで決まりだったんですが
もしかして殺陣こそが超勇者特化?な流れになりつつあります。
まあ絢爛三連が入ってるので腕器の皆様は殺陣確定済みなのですが
耐久が余りに低いので腕器10とスロ10を同時に狙える職なのに
耐久振りたい衝動に駆られます。

・・・つうか傾奇者って漢字間違ってますよね。
これただの歌舞伎役者ですよね。


まあ、今日はTWにパッチが入ってます。
割りと発売までに変更する気があるようなので
技能紹介はしばらくやめときます。


閑話休題
勲功って意識的に稼ごうと思うと結構難しいですね。
LV50過ぎになると軍事クエは極端に少ないし
内政の安い納品系は身分が上がると消えてしまうし。

刀鍛冶は
破天技能が入って戦局が変わる前になんとか中老にはなれましたが
戦闘力・勲功とも家老には間に合わないDEATH。
主力の門徒ではないキャラでの参戦にも関わらず
試験突破させていただいた徒党諸兄に感謝。



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ