2007/1/24

Mace in the Sky  刀鍛冶

空で狩りをしていると色々と考えさせられます。

今のところ盾鍛冶として参加しているので
アタッカーに関する考察は感想の域を出ないのですが
看破と確定麻痺を持つ職については優位性と言うより必要性の方が
強く感じられる場所だと思いました。
また結界も非常に多く、結界破壊かダメージ貫通を持っているか否か
も重要な要素と言えそうです。

旧来からの看破+確定麻痺持ちアタッカー特化である武芸・暗殺は元より
結界破壊とダメージ貫通に加え守護抜け or 必中の特性を持つ鉄砲の利点は
言うまでも無く再確認できました。

反撃封じと相性の良い僧兵と演舞は回復への余計な負担をかけずに済む点と
蛾に反撃を受けて生命を大幅に回復されることが無い点が優れています。
前者には盾への因果応報・生命吸収・金剛力もあり
後者は天地人の属性部分によるダメージ貫通と看破&痺れが光ります。

どの特化にしてもダメージを与えることと同時に看破や麻痺が必要なので
気合を確保しなければなりません。個人的に感じていることですが
アタッカー装備には生命気合上昇の共晶が相性が良さそうです。

この理由から、気合コストを抑えられる吉祥の謡を持ち
気合呪霧(結構多い)を反転させられる演舞は結構アリだと思いました。

さて、自分の刀鍛冶がアタッカーとして空に来たらどうすべきでしょうか。
まだ共晶を発動していないのでアタッカー参加はしていませんが
非反射結界と抗刃を貫通できる点が売りなのは間違いありません。
高回避NPCへの対策は迷うところですが、烈震撃で1000ダメ確定させるのと
槍を持って反撃封じを入れることの二択になると思います。

正直、爆砕撃を使う余裕がありそうに見えないので
槍の反撃封じを捨てても棍棒を使うメリットは大幅な攻撃力アップに集約され
翻せば手持ちの槍より大幅に攻撃力が上回る棍棒を持っていなければ
メリタイズ出来ないに等しいということになります。
(※勿論棒術資質で生命100ゲインしていればそれもメリットですが)

棍棒による四連・破刃がどれだけ命中するか次第ということなので
いずれ実行結果をレポートします。



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ