2007/5/12

刀鍛冶再考察  刀鍛冶

さて、今回の出向先では長文どころか更新自体が難しいことが解ったので
週末を利用して自分の考えをまとめるメモ帳として記事を書いてみます。
お題は「破天後+怒り修正後の刀鍛冶の再考察」。

殆ど独り言なので折りたたんでおきます。


個人的には実に不思議なことに、野良で盾刀鍛冶の認知度が上昇しています。
勿論、新Dでは相変わらず雑魚狩りにおける鍛冶需要に対し供給が不足なので
要は特化は何でも良く兎に角雑魚狩りで盾が出来る鍛冶に需要がある
というのは確かなのですが、とりあえず刀の話だけにすると
破天リリースから現在までに刀鍛冶が受けた盾要素の強化は怒りの拳のみ。

怒りの拳はソレ自体にが追加されたとは言え
開幕の使用以外では従来より刀鍛冶本体の防御が下がることが多く
また開幕に極みではなく怒りを使っても死なないためには
従来からそうと言われている以上に「鎧鍛冶以上の強力な防具が必要」となります。

開幕怒り固定でも絶対死なず瀕死にもならないのなら単純にプラスですが
此処に絶対性が無いのなら(そして絶対性というのは何処にも無いんですが)
不安要素の追加=盾枠へのニーズの真逆であることは論を待ちません。
にも関わらずの世間認知度はまあ、昔からそうであるように
多少リスキーなスピード狂の方が気持ちイイからでしょう。


私が「刀鍛冶はアタッカーであるべき」と考えているから
防御面の強化に否定的な意見を書いているのでは全くありません。
むしろ逆に、今や刀アタッカーの存在意義に疑問が満載なので
今回再考察を行わざるを得ない状況なわけです。

個人的には新Dの雑魚狩りにアタッカーとして参加している刀鍛冶は
僧兵・神典・陰陽3特化を圧倒的に下回る数なんじゃないかと思っています。

「貫通力を操作して相手の防御力に関係無くダメージを出せる」
他に多々ある特徴はひとまず置いて、刀アタッカーの最大の特徴はコレです。
しかし、同じ〜むしろより強力な特徴を僧兵が入手したため
その一人が刀鍛冶である意義が殆ど無くなってしまいました。

僧兵は元々、マイナーアタッカー特化の中でも
あと一歩が足りない器用貧乏として有名だったわけですが
その一歩=金剛力による貫通力+高防御をゲットしてみると
マイナーに属する所以である看破+確定術トメの欠落の代償に
昨今のやりすぎな回避率に高い対抗力を誇る禅の所持と
イザと言うときの大喝による事故防止が極めて大きく
また僧兵連撃の高い命中補正が棍棒へのシフトをすんなり許すため
意外なほど自然に高難易度の狩場に矛枠で存在できています。

刀鍛冶はどうかと言えば
要するに金剛力が重複できる代わりにがついていません。
破刃撃による回復不能攻撃低下能力を持っています。
主砲が普通の連撃系なのでいくら攻撃力が高いと言っても
棍棒装備による新Dでのアタッカーには一抹の不安があります。
てゆうか新Dでは冒頭のとおり盾鍛冶需要が高いため
矛枠での参加機会は殆どありません。

ちょっと前まで隆盛を誇った鉄砲鍛冶の強さを支えた一因であるはずの
鍛冶屋共通技能・闘争心の存在は勿論忘れたわけではありません。
しかし、現在の鉄砲鍛冶の余りのニーズの無さが
世間が鉄砲鍛冶をもてはやしていたのは飽くまでも零距離射撃のおかげであり
闘争心のおかげではなかったことを如実に証明しています。
つまり、刀アタッカーが世間に闘争心を誇るには不足だということです。
(この話が雑魚狩り主体で考えられているからってのもあります。)


さて、活動機会の殆どが盾であるのに
腕器10はおろか潜在もアタッカー向けな自分の刀鍛冶に
どうしようも無い疑問が沸いてきました。

活動機会の殆どが盾なんだから、まずは盾として充実した上で
遠い将来に立派なアタッカーであるべく潜在を積んで行く
コレくらいで丁度良い気がしているのです。

私のLV56腕器10刀鍛冶。
矛モードは装備が完成していませんが、想定では生命3000攻撃680弱。
盾モードでも生命4000ギリと防御630程度。
これに基いてここで二つの可能性を計算してみます。
今回は潜在LVとの兼ね合いで魅力はとりあえず放っておきます。


CASE1:潜在が盾向けでガチガチだった場合
健康LV現在10→生命100+
頑丈LV現在0→耐久10+くらいはできるかもね
剛健LV現在7→生命30+
勇猛心LV10一番最後に回す→耐久10+
棍棒術素養LV現在0→耐久10+
隠し戦闘潜在どれもLV0→生命50耐久5+

→生命4180前後・防御665前後


CASE2:腕器10耐5ではなく耐器10腕5だった場合
耐久+33
生命+342
腕力ー33

潜在は同一と仮定して
盾モード生命4342・防御663
矛モード生命3342(!)・攻撃650弱
絵の240+6を18に変更→生命3100・攻撃668

・・・「矛モードは嗜む程度」と仮定するとCASE2がベストのような気がしてきた。
なんで器10は譲らないのかって?
そりゃあ鍛冶だもんよ。生産したいだろ。



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ