2007/8/6

南斗翔鷲屠脚  演舞

冗談で巡査を車で轢いたら足にヒビが入ったらしい。
こっちは殺したつもりだったのでとても残念です。


演舞でゲリラとか対人とか結構やってみた所感。


ゲリラではなかなかイイです。
例によって例の如く守護挑発耐性が無いので
盾から崩さざるを得ない特化デザインですが
その盾に対して最初からある程度ダメージ力があり
看破と痺れ斬りがあるので急場を凌げ
ついでに気合韻3を持っている。
主砲が1ヒットなので反射に突っ込んでも
武芸ほどエラいことにはならない上に
結界を属性ダメージが通過する。

よくゲリラに行った経験のある僧兵との比較では
そう言った攻めのメリットが目立つ一方で
守りのデメリットもかなり目立ちます。

なまじ大ダメージを出せるためヘイト上昇率高し。
でありながら結界を持たず存命も応用まで。
回避極意はあるものの御存知の通りNPCの攻撃を
次々避けるような性能ではありません。

ヘイトを他人に移管する技能もありますが
ゲリラのような不安定な条件でその技能を使うのも
かなりのリスクでしょう。

また普段は大団円2と与生気の存在から
気合操作能力があると評価できるのですが
一戦限りで戦後処理も何も無いゲリラにおいては
それらの能力は無いに等しいことになります。

総じて気合韻があり反撃を受けないが
少々ダメで劣る武芸という感じ。
・・・こんなの今更言うまでも無いですね。


ところで
思ったとおり対人めっさ弱いですね。
中の人の前身である僧兵がタイマン強めなことも
ありますが、それはさておき演舞。

天地を3連発して3発とも命中しそれで相手が死ぬ場合
のみ何このクソキャラ的な強さですが
それで相手が死なない場合(防御極意など)の
手詰まり感が凄まじい。
あとコストが高いので回避された場合の計算狂い
っぷりもハンパではありません。

何故なら
見た目(攻撃力の表示値)よりダメージ力が高い
のは飽くまでも天地人という技能だけの話であって
素のカブキそのものは結局攻撃600台の後衛。

連撃のような軽コストの他の技が無いため
よく使うことになる手裏剣と素殴りのパワーは
その数値本来のものでしかありません。
ここがよく比較される武芸と全然違うところですね。

確かに天地連発でブチ殺されたら
「なんだこれ修正しる!」って気分になるのかも
しれませんが
天地でブチ殺したり手詰まりで惨めに殺されたり
してみた感想としては
既存7職21特化で天地だけで詰むモノが思いつきません。



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ