2008/12/29

そこに動物が居るからだ  演舞

どうしても動物を狩りたいので
野良LV60単身プレイヤーリストと青!リストを
睨む日々の結果、先日一念発起して徒党作成。
課題は晶徒党において
演舞を完全なお荷物ではなくすこと。

魅了の睨みを空撃ちでいいので2回使うと
確実に上目が演舞に来るのは実証済みなのですが
これで2&3に守護されて5000ダメ確定。(攻撃710前後)
・・・メリタイズとしてはちょっと弱いです。

そこで今回は飛び道具アタッカー*2に加え
堅陣の謡弐を追加して味方のデメリット無しで
上目や舞の耐性を高めることに。

この作戦は大成功でしたが、開幕から
看破>堅陣>魅了の睨み*2とやっても
回復さんにヘイト負けすることしばし。
どうやら完全を使う場合は上目確定要素として
回復さんに道化芝居弐を使うのがよさそうです。

また、飛び道具アタッカーを誘わないと
守護で厳しい矛特化にとって
鉄砲の勧誘は勿論九州の鉄板ではありますが
陰陽道+修羅装備もかなりオススメです。

また、演舞自身も耳5ノックで西国鎮護*2を取り
魅力を高めておくべきですね。
確かに攻撃技能は守護を抜けませんが
全体完全に卍手裏剣を投げられることの価値は
充分にあります。

結果
盾鍛冶が居なかったのでハリーマの刀にヘルプを
依頼しましたが、残りは全員「晶希望者」での
突破に成功しました。

佐賀1動物ノックは既に
狩りの主流の一つにのし上がりました。
そして動物タイムアタックでは鎧1矛5大団円1が
鉄板スタイルとなっているため
そこには九州では希少な
道雪と並ぶ「演舞需要」があります。

そして現仕様の演舞ですが
僧準拠なので少ない腕力
陰陽準拠なので少ない耐久
同じ理由で少ない生命
技能が重いのでありったけ欲しい気合
気合回転率を高めるための知力/魅力
覚醒パッチでダメージ影響度が追加された属性
と振らなければならない潜在が大量にあり
完成が物凄く遅い特化となっています。

イソが死んだ今
城に行けることの意味は重大なので
演舞諸兄は晶で諦めないでください。



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ